日別アーカイブ: 2018-07-05

DLC上塗りと盛んな刺し縫いする海PAM532 Paneristi forever

DLCは英文Diamond-like Carbon(類のダイヤモンドの結晶の炭素)の略語で、それは同時にダイヤモンドの硬度と石墨の付着性のこの2つの見たところ矛盾している物理的な性質を持って、また安定的な品質と抗腐蝕性を持ちます。それをエンジンの滑り軸受け、ピストンとシリンダーブロック上で塗って、摩擦を下げることができて、効率を増加して、損耗を減らします。F1競技用の自転車の内部の動力系統と駆動方式のこれらの見えない場所で、DLCは黙々としてのは高温と高圧を引き受けていて、もしもそれらがいないで、1台は近代的なターボ過給と精確な燃やす技術のサポートする競技用の自転車のエンジンを通って、まったく整場試合を支えることはできません。そのこれらの特性、伝統に対して技術の気に入らない腕時計メーカーに電気めっきをして驚きをも譲ります。

去年バーゼルは展の上で表して、盛んな刺し縫いする海は“盛んな謎ネット”のアイアンのファンに対してこの別名の“Paneristi forever(永遠の盛んな謎)”の紀念の腕時計を出して、それはすばらしい47ミリメートルの“1940殻の形”と3日の動力の手の上弦のチップを採用しました。たぶんへために以前はPVD上塗りを買ってモデルが“色落ちする”の苦しみの表す謎をひどく受けて遺憾の意を伝えるのを表したでしょう、今回のネット友達はモデルが絶対的で摩擦に強いの防食DLC上塗りを採用したのをと紀念します。時計の文字盤の上でイタリア海軍の“人が魚雷を使う”の浮き彫りと背面の制限する500の通し番号はそれがきっと再度の炒める対象になりを予告しています。

陶磁器は車のシャシとシャネルJ12 Superleggeraにブレーキをかけます

競技場の上で、更に軽いのは車のシャシにブレーキをかけて更に速いスピードを意味して、更にましてダイヤモンドの高力に比べてまた(まだ)陶磁器に車のシャシの極めてわずかな温める減衰効果ほとんど“一生保護を免れる”の丈夫な程度にブレーキをかけるのをと与えることができたのはなおさらです。しかしこのような材質決して便所の肥だめの同類でない、それは1700℃の高温下で炭素繊維と金剛砂の合成する複合材料を使うのです。その高価な属性と複雑な技術も陶磁器の腕時計に持って匹敵します貴金属の腕時計の高まっている価格。

本当に陶磁器の腕時計の流行する化、贅沢品化のに偉大なファッションブランドシャネルにならせて、そのJ12シリーズが陶磁器の材質を発揚しただけではないのが堅固で摩擦に強い、しなやかにやさしい、アレルギーがない、さびない特徴、また(まだ)流行して高い婦の手首の間でそれからもう金属の光沢しかなくないをの譲って、更に色とりどりになります。J12 Superleggeraのは出して、シャネルが紳士の贅沢品の市場に進出するのを始めるのを公表していて、その第1モデルの番号は製品を表してイタリア語の“スーパー軽い数量化”のこのスーパースポーツカーの閉じ込めるトップクラスの語彙を使って、42ミリメートルの表す殻のサイズは更にこのブランドの腕時計の製品の記録を打ち破って、フランス人が競技用の自転車と贅沢品界にすべてあかぬけしている実力を持ちが明らかです。

ビジネス/職場の服装がつけて3原則を表――優雅なのは王です

《万が世界を表す》は腕時計が消費するについて明確なおすすめがあって、このおすすめは異なる場所の分類によって推薦したので、主要な分類はあります:正装/政務、ビジネス/職場、スポーツ/旅行、収集/技の趣、真珠や宝石など。ビジネス/職場は我が国の腕時計の消費する最大の部類です。次に小さくビジネス/職場に対して時計をつけて1つの分かりやすいおすすめをするのを編みます。

“人が服装を持ち物の馬に頼って(寄りかかって)鞍による”、優雅な服装の風格は一人の高品位を体現していることができます。旅に出なければならないの各地のビジネスマンにとって、服装の規則を掌握するのは特に重要で、それは取引先に良い印象を残すことができて、商業の面談する成功に役立ちます。服装に対して求めるを除いて、これらは往来が頻繁でそれぞれ大きい商戦の場所の人の通常でまた(まだ)腕時計をつけて、腕時計は時間を守るイメージを形作りに役立って、風格を高めるについて助けもあります。

私達は先にビジネス人員の服装のTPO原則を話します。TPOは3つの英文の単語Time、Place、Occasion第一字母から構成して、それぞれ服装の時間、場所と場所の原則を代表します。

1、服装の時間の原則(TIME):

ビジネス人員の服装は時間がふさわしいをの考慮しなければならなくて、“いつでも着替える”を保証することができます。勤務時間は自分で働く性質と特徴によって選んで働く服装に適合するのに行って、家であるいは気の向くままに外出します休む服装。また(まだ)季節的変異が服装を変えるのに従って、全体は軽便なのを主なにします。

2、服装の場所の原則(PLACE):

服装は特定の環境と調子が合って、このようにようやく視覚の上を獲得することができるのが調和がとれています。たとえば、事務室で正式の仕事着を着て、大きいPOLOシャツの類は片づける方がよいです。ズボンが体にぴったりで、とてもゆったりするのができなくてもとても締めないでください。材質について要求もあって、できるだけテリレンと綿素材の服装を選んで、捨ててほこりの服を吸い込みやすくて、色は自分の身分と年齢互いに掛けなければなりません。靴、第一選択の黒色あるいは茶褐色の革靴に関して。スリッパ、運動靴とスポーツシューズを使用禁止します。もしもよく行き来するか運搬しなければならなくて、厚い(柔らかい)の底の革靴を選ぶことができます。

3、服装の場所の原則(OCCASION):

ビジネス人員は学んで異なる場所を区分しなければならなくて、それによって場所によって服装を行って選びます。まず公務の場所で、スーツを主なにして、ファッションあるいは普段着を着るのに適しません;社交場所が更に注意して優雅なことを重んじて、特に:踊る会、宴会会、コンサート。これらの場所は実は最も正装に(当ネットのその他の紹介に会う)を表すように適合します。友達、親族の集まりなどの楽な雰囲気は制服を着る必要はなくて、流行して気前が良くて良いです;休む場所はレジャーな普段着を主なにして、心地良いをの重んじます。