日別アーカイブ: 2018-04-16

IWC Pilot Mark XVIII腕時計

2016年IWC万国の年度に更新してまたパイロットのシリーズに番になりました。パイロットの前回モデルを直したのは2012年で、もしも現在のところのブランドの六大シリーズの1年の更新一筋の週期の2度の間を計算しに来る間隔でいくらかに近くなってで、でも実際にはPortofinoこの裡は一回跳んで、達文西はまた久しく動静がないので、そのため今回はやっとこのように早くまた巡回しますパイロット。しかし実は面を販売してから見に来て、Portofinoと達文西の人気の原本でとても頻繁な更新がいらないで、比較的ブランドの家を切り盛りする製品のパイロットが市場で向かう保守的な今を回転してかえって更に表に立って担いで息を買うのとするべきで、だから今回のシリーズのが早めにモデルを直して各方面から言ってすべてその道理があります。

標識は今回のパイロットの更新基本設計が全体の製品ラインの計画に着いてすべて調整をした、その中の設計の部分の全シリーズの共通の政策短縮の3、6、9の時などいくつ(か)中から巻いた糸の上のでの時、は本来はあの数字に位置して加えて帰る、その中の12時の三角形の物が表示する前でをいちばんへりのまで(に)、今回も引き続きと数字と一サークルまで(に)退くのです。中の巻いた糸の上に数字の設計がないのは2006年のそれモデルを直してからで、つまり今回が改正するのが2006年前の様式に直して帰るので、筆者は個人はこの2種類の配置が機能性或いはで審美の上でとても大きい相違がないと思うので、でもとても古いプレーヤーにとって会ったのを笑うのであるべきです。

もう一つのが重要に改正するのが期日の窓です。’12年のはモデルを直してパイロットのすべての期日の窓都統の1割一回を3期日のあおぐ形のウィンドウズ(ただきわめてだけ少数の例外)に表示して、今回は逆にまたすべて受領メモの日本式設計(同様に少数の例外がある)を直すです;実は初めはIWCが毅然として全面的に変えたのも形のウィンドウズをあおいだこのにTopGunシリーズの中ですこぶる人気な元素がもっと大きい収益を発揮したいことができるのべきで、ただ今回のまた直した結果から見に来て、プレーヤーは恐らくやはり(それとも)この設計が一部に特殊なデザインを残しておくのが良くなったと感じます。

でもマルクのシリーズ小さい窓の様式で確かに比較的適合するので、錶面のためサイズの原本は大きくなくて、マルクはいままでずっとまた精密な鍊を米にするので、小さい窓に直して帰った後に錶面は確かに更に餘が豊かなことに会うのです。精密な鍊に言及して、今回のマルクの錶が直接おりて1mmを修理したもとても微妙です。17時錶直接一気に39から41mmまで(に)増大して、急にマルクのあのような「小さいパイロット」の味が逃げてしまうのが多くて、いつも派のプレーヤーは恐らくすべてあまり習慣でないをの見て、このような今回によって後ほどおりるのが修理する正しい方向であるべきで、でも多分1mmのが幅を改正するのがとても小さくてで、多分41mmのも見た目に良くなったのを見るので、新作はかえって縮小した本当の感は何もありません。取り上げる価値があるの今回のマルクが新しく小麦粉のバージョンを加えるので、当格の派遣するプレーヤーはもしかするとやはり(それとも)粗製の小麦粉がマルク/飛行するなこと錶のクラシックを堅持して、しかし否認できない小麦粉版もも本当にとても美しくて、しかも市場のその他のブランドの小麦粉が飛んで行軍する錶本来は多くて、IWCこの事はいずれにしてもシリーズのために競争力を加えるのです。

いいえ鏽鋼の材質/30110は自動的に鍊チップ/に行って時、分けるの、秒、期日/サファイアの水晶の鏡映面/水を防ぐ60メートル/錶小道の40mmを表示します

上1世代連続して式の期日窓はTopGunシリーズの設計から転用で、聞くところによると客室を運転するメータの中で高度計の1種類の設計を参考にしたのです。機能にとって期日本来は連続して式のをつくる必要がなくて、でもこれは直して主にやはり(それとも)審美に基づいてよく考慮するべきです。

顔立ちの上での夜光の元素が含んだ中に巻いた糸の上の4時の標識は三角形の物と表示して、このいくつ(か)の標示は印刷を使ったのではなくて、別の外分の件が取り付けたので、そのため立体が突然起こりが見られます。その他に小麦粉のモデルは採の黒い字を直しますが、でもこのいくつ(か)の標示は依然として白色のです。
新世代のパイロットがひとつのが重要にモデルを直しがまだあるのは全面的に包装(服装)を変えてSANTONIの錶持つで、以前SANTONIの提供した錶が持つのがすべてワニのサメ皮ので、今回は牛革を主なにすして、黒色はあまり出てこないで彼らの独特なの層だんだん染色するのを見ますが、でも内外のバイカラーの質感はやはり(それとも)とても良いです。

空中に垂れる糸のが日に日に普及させるのに従っ

空中に垂れる糸のが日に日に普及させるのに従って、表を作成する師達は更に精確に懐中時計のために時間を細分するのを考慮することができて、そこで約1700年の時計の上で時計の針の以外また分針を加えました。精密で正確な競技に関して1つの厳粛な課題で、これは表を作成する師達に新しいのを構想して捕らえて装置、の整合の新型の空中に垂れる糸を跳躍するようにおよびと強制します。

表を作成する業界の才気が溢れる頭は改めて最も時計性能を高めるのに適合するのを考えるのを始めて、精密に必ず時間の素子を標記します。

時計はもしも十分な精度を保証することができたら、誘導員は海上の航行する位置を確定して制作しだすことができります。表を作成する業界の才気が溢れる頭は改めて最も時計性能を高めるのに適合するのを考えるのを始めて、精密に必ず時間の素子を標記します。継いで装置(主要なのがつめ式だ)がと車輪(通常がバイメタルのために式を切断する)を並べた後にを捕らえて、18世紀末19世紀初めに最も注意力を新型の空中に垂れる糸に転向する素質のクロノメーターの表を作成する師があって、このような素子は更に時計のエネルギー効率と幸運な精度を高めるのを。

クロノメーターは船員に連れ立って全国各地を心ゆくまで遊覧して、そのため1つ目の解決する問題、塩分と湿気の誘発した腐食。2つ目は温度のが急に変化するのに問題があって、金属の剛性に影響して、1歩進んで全体の精度を邪魔します。イギリスとフランスの専門家は各種の材料を試験して、ガラスと黄金を含んで、すべて腐蝕性でないです。ガラスの空中に垂れる糸の長さは、しかしとても脆い壊れ物注意がほとんど不変です;黄金の空中に垂れる糸性能が安定的で、しかし会って容易な延長を温めます。最終選択はるつぼ鋼で、圧延して、冷鍛と熱処理(青化)を通じて(通って)、このような配置は主導を占めてずっと20世紀初めまで続きます。

空中に垂れる糸に順番に当たって組み立てるのを並べます
機能は形式に従います

明らかに分かって、空中に垂れる糸は時計の規格の運営を確保する方面に極めて重要な効果を発揮しています。このような細かくて薄くもし紙の針金は場所を変えて平坦なのヘリカル形を維持するのをと収容することができる;しかし、表を作成する師達が明らかで、高品質と設置して苦心して造る並べる車輪を捕らえてたとえ互いに結合するしかないのでも、この素子はようやく高い効率効果を発揮することができます。表を作成する師達は発見して、平らな空中に垂れる糸は接点を付け加えてそれの平均している“呼吸器”を妨げて、は一回でも車輪を並べるのに対して膨張するか縮んで、1歩進んで時計の毎日の速さに対して影響(微小だが)が生じます。完璧な主義者は形式を探しを始めて、空中に垂れる糸に高い効率が運営することができて、同時にまたシステムに対して周りが発生して邪魔することはでき(ありえ)ないです。いくつかはチューブラ形を選んで、別のいくつかは球形を選んで、どんな種類の情況にも関わらず、目的は皆空中に垂れる糸できるだけ均整が良くて平衡がとれているのにあって、それによって最も精確な振動運動をします。当時流行っていてぴったりする流行、懐中時計は必ず十分に細かくて薄くなければならなくて、そこでこれらの空中に垂れる糸(チューブラ形/球形だ)はすぐ需要を満足させることができません。表を作成する師例えばジョン・アーノルド、その子のジョン・ロジャーとアブラハム―ルイの・ブレゲなどの進歩の平らな空中に垂れる糸、端の曲線(TerminalCurve/Overcoil)を加えて、これはアルキメデスのヘリカルの12あるいは、15本のコイルの最優秀同軸度を確保しました。

続いて、高品質の時計の精度は高まる著しいのがありました。1860年、フランスのパリ総合理工大学の技師のエジプトのDutt・フィリップスは振動周期は、イナーシャ、空中に垂れる糸の長さに順番に当たってと力のモメントの間の連絡に屈服するのを並べるのを発見して、それから端の曲線の完全形状を得て、空中に垂れる糸の重点はいくらセンターに落ちて、つまり振り子は順番に当たります。このような、並べるのと宝石の接触するかなめに順番に当たって圧力に耐える必要はなくて、同時にさらにかなめの先端の摩擦(理論)を減らします上、水平位置の時計に位置するのにとって。表を作成するブランドは引き続き高品質の時計の空中に垂れる糸中で端の曲線を使用して、しかし空中に垂れる糸の材質がすでに圧延してから、冷鍛と青が溶けるのがるつぼ鋼なった複雑だ、高い効率と反磁性的の合金。

スウォッチTIME TO SWATCHシリーズYSS306腕時計

製品の型番:YSS306
腕時計の直径:25ミリメートル
殻の厚さを表します:8ミリメートル
チップのタイプ:石英
殻の材質を表します:ステンレス
防水の深さ:30メートル

腕時計は講評します:スウォッチの腕時計は今まで高い品質、ローコストを伝達していて、流行しとそして重い定義を紀念します。更に人々に全く新しい概念をあげて、つまり腕時計はもう高価な贅沢品と単純な時間単位の計算の道具ではなくて、“計略の上のファッションをつける”です。腕時計の全体は非常に簡潔で気前が良くて、学生の党達は用いて日常の学習の中で適合することができないで、黒色のケイ素の材質の腕時計のバンドのコーディネート自在が丈夫で、25mmきゃしゃで愛くるしい時計の文字盤は全部精致で、簡単なことを漏らして、女の子はつけてとても適合して、腕時計が石英のチップを採用して幸運だ精密で正確で、便利で、しかも30メートルの防水の深さがあって、コーディネート自在が実用的でとても女子学生につけるように適合します。