レーダーは全く新しいCaptainCookクック船長のシリーズのハイテクの陶磁器の腕時計を出しました

ブランドのこのとても人気な潜む水道のメーターのシリーズについて、レーダーもついにそのために最も得意な陶磁器の材質を溶け込むです。腕時計の家の前でひとしきりは撮影してこの新型のシリーズの旗艦のデザインに着いて、それでは今日動画の内容で、みんなと詳しく全く新しい陶磁器のクック船長を紹介しに来ます。

レーダーはなぜ材質の大家を言うのか、実は60年代新型の材質についてである程度使用するので、材質を遊ぶのは基礎があったので、1962年にタングステンのチタン合金の材質でDiaStar1をして星のシリーズをあけて、行為の“全世界の第一モデル容易に磨損の腕時計でない”も更にすべての国際市場にレーダーを理解させて、特に70年代の国内広告の上のそれがいつまでも摩耗しないをの宣伝して、レーダーのこのレプリカ時計スイスに表して国内市場に深い印象を残させた。

陶磁器の材質は前世紀にただ医薬あるいは航空の領域だけことがありに応用して、レーダーは初がその応用をモデルの上の腕時計のブランドに表しているので、1986はみごとにIntegralファインセラミックスのシリーズの腕時計のシリーズを出して、その時計の鎖はハイテクの陶磁器から製造して、時計の鎖が玉の質感のようだやさしくて、同じく腕時計の領域に賛嘆させて、陶磁器はさらにこのように遊びます。

しかしたとえ35年に向こうへ行ったとしても、陶磁器の材質は今に依然として材質を革新するので、このような材質にとってのため、それはもっと多い可能性がまだあって、つまり空間を研究開発して、腕時計の領域だけでなくてこのに着眼して、腕時計と緊密な自動車に連絡して、陶磁器の耐熱性を利用して、磨損性を抵抗するもっと良く耐熱の衰退するのが車のシャシにブレーキをかけるのに到着することができるのをしに来がも。