セイコーの5番、セイコーの表裏の重要な腕時計のシリーズ

先にセイコーを言います。セイコー、日本三大制表会社の中の一つは、は創立するのは1881年。本当にセイコーの評判を大いに鳴かせて、20世紀に70年代の石英の危機で、そのためスイスの制表会社は危機に陥って、この1度の表を作成する界の“津波”、起源は正にセイコーです。1963年、セイコーの常務取締役の中村と恒を担当しても(彼が20世紀の時計業の影響の最大の人物の中の一つに対して言うことができる)が先行チャンスまで(に)においをかいで、決定は石英技術を掌握して、ここからセイコーを創建し営んだのが70年代のにある光り輝きます。1969年12月25日、全世界の第一モデルの水晶の駆動した高振はしきりにアナログ表示(ベルトのポインター)の腕時計は発売します。この1度の生臭い風の血の雨は、伝統の表を作成する石英の危機に衝撃して、ここから引き離す序幕。

明らかに、セイコーは表を作成する発展の過程の中で、それは敏感で、大胆で、大胆に伝統の表を作成する束縛を打ち破って、やっと自分の時代を迎えます。

セイコーの5番、セイコーの表裏の重要な腕時計のシリーズ、1963年に誕生して、日本の製造する第一モデルが自動的に鎖の期日の腕時計に行くのです。セイコーの5番、名前の中の“5”は出所があったので、これでどうしてもセイコーの5番の配備する5つの革命的性質機能に言及しなければなりませんでした:自動上弦、3時に位置が期日表示する、防水機能、4時に位置が冠と堅固な外側設計を表す。

私達は今回のもらうセイコーの5番の新型を見てみに来ます。セイコーの5番の新型は全部で8モデルあって、まず緑色はセイコーの代弁者の欧陽と娜、青い、茶褐色、黒色、ベージュでと、3モデルが盤面を採用してと殻色の設計、黒色の黒い殻、青い青い殻とグレーの灰色の殻を表しがとまだいます。単に新型の顔値を見て、若くて、流行して、活発で、若い人の好みに合います。私個人の話、最も好きな中の緑色のモデル。

この時計の直径は39ミリメートルで、男女は全て良いです。殻を表すのはと小屋を表す使うプラスチックの材質で、軽い数量化の設計は腕時計を更につけるのに適合させます。

みんなも知っていて、今のところの緑の時計は多い火があって、そんなに多くて緑の表裏で、このセイコーの5番は最も盤面がとてもきれいな漸進的変化の効果、その上この時計の緑色もとてもきれいな高級があるのであるべきです。3時に位置が設けて期日表示が週と表示して、日曜日に経過するのは中英が表示するので、正常な労働日週末の色とも区分しました。

時標識がポインターとすべて塗って環境保護の発光材料があって、この時計の夜光の効果はそれは二つとないものです。

またチップの4R36チップを見てみに来て、性能が安定的で、動力は貯蓄して41時間になって、幸運な誤差は+45/―35間で。比べる前にセイコーの別の1枚のチップの4R35、このチップのは主に区別してあって、4R35は期日機能しかなくて、4R36は週機能と期日があります。この時計の防水の深さは100メートルで、基本的に日常生活に必要なように満足させて、たとえそれをつけているのレディースファッション通販も泳ぎに行くとしても問題ないでした。