タイ格HOYAの“打ち破る”伝統陀はずみ車の2の大きい共通点

陀はずみ車、スイス名が三大伝統の複雑な機能の中の一つ(別に2つが3が万年暦を聞くのとだ)を表すのです。スイスの主流名が陀はずみ車を表で2の大きい共通点があります。

第1は高いです。スイスの主流名は陀はずみ車を表で、50万、60万はとても普通です;100数万はとても正常です;数(何)百万のは珍しくありません。最もよくある名の時計を言って、ジャガー・ルクルトの大家の超薄陀はずみ車の公価格の55万余り;万国のポルトガル陀はずみ車の公価格の74万余り。公価格10数(何)万スイス陀はずみ車、タイ格HOYAがアカザを押さえて02Tを引き延ばす以外、その他がありません。

2つ目は幸運になっていませんて認証するのです。スイスの主流名は陀はずみ車を表で、ほとんど全部幸運な関連している認証(天文台がこのブランド時計コピーようなを認証する)いかなるがありません。これは今日まで陀はずみ車のためで、すでに全く装飾になって、技の機能をまぶしく刺しました。チップは陀はずみ車を動かして、幸運なのに対して不利な影響が生じやすいです。名が表す中に、パテック・フィリップ、ショパン、タイ格HOYAしかなくて、この3種類の陀はずみ車、(パテック・フィリップがPP印が認証するのだ)を認証する天文台があります。公然と認証して、+6/―4秒毎日で幸運なことを確保します。

タイ格HOYAはスイス陀はずみ車の価格を、10数(何)万ランクを押さえて、かつ、パテック・フィリップ、ショパンになった後に、3つ目は天文台の認証するスイス陀はずみ車があります。価格を下げる同時に、高性能を備えて、これはタイ格HOYA陀はずみ車のすごい場所です。

もしかすると言えるプレーヤーがあって、陀はずみ車は低い価格をして、役に立たないでしょう、誰が買いますか?私個人の観点は、それとすべてのスイス陀はずみ車はすべて、上で百万の高値数十万で、タイ格HOYAは1の10数(何)万だけのスイス陀はずみ車を提供して、もしも割引、為替レート、再販市場などの原因を足して、プレーヤーに1匹の“高い性価格”のスイス陀はずみ車の選択可があらせます。穴をあけるのとではなくて、すべて数十万の上で百万です。