大きいはの鳴いてからなにですか?小さく鳴いてからまたなにですか?

鳴いてから、“自分で開戦する”、“自分で時間を知らせる”の意味です。大きい鳴いてから、整えて自分が時間を知らせるのができて、15分間も自分が時間を知らせるのメンズファッション通販ができます。たとえば8時、腕時計は自分が開戦して時間を知らせるのができて、8時に15分になった、8時半になった、8.45になった、でも自分で開戦して時間を知らせます。1時間4回開戦して、これ大きい鳴いてから。小さく鳴いてから、整えて自分が時間を知らせるのができて、たとえば8時、腕時計は自分が開戦して時間を知らせるのができます。それからまた時間を知らせて9時待って、中間は時計を刻んで鳴りません。

パテック・フィリップの新作の6301Pは1匹含んで、大きい鳴いてから、小さく鳴いてから、3の聞く腕時計。やはり(それとも)小さく鳴いてから鳴いてから大を切り替えることができて、あるいは直接で静かな音、各位は6301Pに注意して殻6時の下のを表して盛り上がって、それはつまり大きく鳴いてから、小さく鳴いてから、静かな音の機能の切替のつるつるなグロック。左の中右の3つの弾くランクの人、小さく鳴いてから対応する、大きい鳴いてから、静かな音。

3は聞いて、各位のプレーヤーはすべてとてもよく知っていて、5301Pの3は機能にいつでもスタートのことができるのを聞きます。各位は注意して、5301Pの3は起動するのが押しボタンを聞いて、冠の上の押しボタンを表すで3が聞きをスタートさせて、伝統の“サメのひれのパター”ではありません。