バセロン・コンスタンチンLesCabinotiers屋根裏部屋の職人の14日の陀はずみ車の“ジャングルの王”の腕時計

バセロン・コンスタンチンLesCabinotiers屋根裏部屋の職人の14日の陀はずみ車の“ジャングルの王”の腕時計、18K5Nピンクの金は殻の直径の42ミリメートルを表して、厚い12.97ミリメートルを表して、輪を表してと閉じ込めて扮することを表す手製で装飾を彫刻するのがいて、時計の文字盤は透明で大きい見える火のエナメルとグレイスケールのエナメルの技術の描写する“ジャングルの王”で、搭載して手動で鎖のチップに行って、しきりに2.5ヘルツ奮い立って、蓄積エネルギー336時間、時、逆なことに分けて跳んで、陀はずみ車、動力は貯蓄して表示して、ジュネーブの印、手製でダークブラウンのミシシッピワニの皮バンドを縫って18K5Nピンクの金の折り畳み式によく合ってボタンを表して、1匹制限して、背を表して“LesCabinotiers”(屋根裏部屋の職人)、“Pièce unique”(ただ1つの時計のモデル)と“AC”の字形を彫り刻みます。

2018年にジャングルをテーマのシリーズの作品のにする中で、1匹は単色のグレイスケールの超縮小化の制作する勇ましい獅子の彩色上絵の顔立ちで、その中のとてもすばらしくてしかも傑出している模範となる事例です。単色のグレイスケールのエナメルはただ濃い色だけを使って白色のエナメルのが入り組みと基礎の図案を制作して、きわめて細い針の形で刃物を彫って細部を更に生き生きとしていてしかもかすかに彫って描いてくる、その創造した作品の力は全くまた強大です。

当然な超縮小化の彩色上絵も1時(点)にバセロン・コンスタンチンの時計工場の中のエナメルの彩色上絵の大家を困らせられないで、2020年に私達はバセロン・コンスタンチンの屋根裏部屋の職人の新作を見て、フランスの18世紀有名な洛河のココアの風格の画家Francois Boucher(明るくないロープの瓦・布が休む)の作品《An Allegory of Music(音楽の寓言)》の中の一つを参考にして元来描いて、洛河のココアの油絵の風格の中でよくある小さい天使を、淡白でうれしい筆鋒と色調の超縮小化で原状に復して、音楽テーマもバセロン・コンスタンチンに呼応して2020年に屋根裏部屋の職人の重点を時間を知らせる機能の概念に置きます。

18世紀のフランス洛河のココアの風格の著名な画家の明るくないロープの瓦・布で《音楽の寓言》絵に休んで時計の顔立ちの上で、エナメルの超縮小化の彩色上絵を行います。