王金の現世の宇の大きな船BigBang Sang BlueII刺青の腕時計

宇で大きな船の腕時計設計、どうして特殊な金属と多様な材質の融合の組み合わせ自由に恐らく少なくなって、2019年Sang Bleu II刺青の腕時計は変える2つの新しい設計がありました:時間単位の計算を搭載して時計が45サイズのデザイン上でと宇の大きな船の特許の王金を使って殻を表しを積み重ねます。

宇の大きな船BigBang Sang Bleu II刺青の腕時計、シルクは針金をつくって王金を処理して殻、直径の45ミリメートルを表して、厚さの16.5ミリメートル、HUB1240宇の大きな船を搭載して自分で作って自動的に鎖に行ってチップを表しを積み重ねて、しきりに4ヘルツ奮い立って、蓄積エネルギー72時間、100メートル水を防いで、黒色のゴムの腕時計のバンドはマキシムSangBleu刺青の仕事部屋設計のいくらの形の王金によく合って折り畳んでボタンを表して、100匹制限します。

時間単位の計算に参加して意味合いを表したのを積み重ねる指示が必要なもっと多い情報があって、マキシムは選んで時計の文字盤の上で原本の多数の八角形の構図の設計を簡略化して、1つのひし形と2つの多重のダイウイキョウの再編するいくらで、サブリストに来て時計の針、計算する時計の針の小屋を代表して、その中の中央の時間単位の計算の秒針の免れるべきものウブロコピーがない需要は伝統のポインター設計によって、でもマキシムはきわめて非常に細い針を使って、できるだけ時計の文字盤設計の繁雑ないくらの中を溶け込みます。

宇の大きな船BigBang Sang Bleu II刺青の腕時計、シルクは針金をつくってチタン金属を処理して殻、直径の45ミリメートルを表して、厚さの16.5ミリメートル、HUB1240宇の大きな船を搭載して自分で作って自動的に鎖に行ってチップを表しを積み重ねて、しきりに4ヘルツ奮い立って、蓄積エネルギー72時間、100メートル水を防いで、黒色のゴムの腕時計のバンドはマキシムSangBleu刺青の仕事部屋設計のいくらの形のチタン金属によく合って折り畳んでボタンを表して、200匹制限します。

あなた達がどのようですかと感じるかを見たのを知りませんか?私はこの設計を感じて、少し宇宙間に似ていて中のロボットに大規模の戦いをして、2つの奥深くとらえがたいダイウイキョウのいくらの小屋、目がまたいつでも周辺の情報の発信する器を探し求めているようなこと。