手首の間の芸術バセロン・コンスタンチンElégance Sartoriale腕時計で通行します

世の中の芸術の形式はたくさん種類があって、高貴で優雅なバレエ、個性の鮮明な抽象画はおよび人の涙の下のオペラの私達の接触したことがあった芸術の種類を催促して、時間の芸術に言及して、恐らくみんながまずのを連想するのが腕時計です。

多い腕時計の中で、たくさんすべて芸術と互いに結合する産物で、それらは人々に最も実用的な機能を持ってくるだけではなくて、同時に手首の間の芸術で通行するのと称させられます。名声がある大きい見える火のエナメル、日本のは叩いておよび漆器の技術これらすべて腕時計の上に応用しのブランド時計コピーでことがあります。今年、バセロン・コンスタンチン所属の芸術の大家のシリーズはまた新型を出して、時計の文字盤の上で“普通でない”の芸術を描写しだします。

時計の文字盤は腕時計にとって、外観の効果になっていて、人の第1印象はここからです。1モデルの腕時計は材質、色係と機能などの方面で考慮する以外、時計の文字盤も設計の初め最も重要な一部分です。

バセロン・コンスタンチンMétiers d’Art Elégance Sartoriale腕時計は高級のスーツの特殊な線と図案を霊感にして、時計の文字盤で5モデルの異なるしわの精密な彫刻を創作します。

これらは時計の文字盤の上の縞模様で刻んで、すべて大家達を通って手製で彫刻してなるので、ある人はどうしても聞いて、近ごろ科学技術がこのように発達していて何故機械の完成を選びありませんか?実は大家にとって、“芸術”の2字ははるかに私達の普通の人所を飛んで理解することができます。

Métiers d’Art Elégance Sartoriale腕時計の顔立ちは手作業の操作機械で彫りの器具を刻んで、時計の文字盤の上で各種のしわ彫刻を行います。完成を彫刻した後に、また半透明の琺瑯を時計の文字盤にして色を塗って、しわ更に真実な生地の質感を近づけます。

大家の彫刻を通って、Métiers d’Art Elégance Sartorialeはみごとに高級のスーツの上で線の入り組みだす特殊な図案もっとを時計の文字盤の上。5モデルの作品はそれぞれにウェルズ親王のチェック、人の字のあや織り、窓のチェック、針の形の縞模様とチェックの紋様などの異なる様式で扮します。