いっしょに伝統技術価値バセロン・コンスタンチンと布勒高等芸術学院を伝承して協力計画を開きます

École Boulle布は高等な芸術学院総監督ChristopheHespel偕同VacheronConstantinバセロン・コンスタンチンCEO Juan-CarlosTorresを彫って、先日バセロン・コンスタンチンと布勒高等芸術学院の間の“技術と設計を出します:専門の技能は”協力計画(échange d’expertise et de compétenceを共有して、つまりArtisticcrafts and design: sharing expertise andcompetence),このは協力で2017年まで続くでしょうと予想します。

布勒高等芸術学院創建する1886年に、ヨーロッパの最大の芸術と設計学校の中の一つで、フランスの公立の芸術学院で、学校を作ってからずっとフランスの芸術は、芸術、設計、芸術の職業教育を使用するのに力を尽くします。バセロン・コンスタンチンは布勒高等芸術学院との協同関係を通して、向こうへ行ってただ集中するだけをさせて製造の表を作成する労働者の坊が技術の価値と技能の実際の行為を順次伝えるのを始める、同時に更にこれらの伝統の技術を後世の文化の責任に順次伝えるのを実現することができます。

長い間、バセロン・コンスタンチンと布勒高等芸術学院はすべてそれぞれに自身のきんでている影響力と創造力を運用して、保護で投入して、保存して順次伝える技術の伝統、今回の協力計画を通して更に双方を出してこの領域に一致する目標と視野を持ちを明らかに示します。同時に、双方の協同関係は伝統の技術の技能のが順次伝えるのを目指して、厳格な規格を確立して、かつ伝統の技術と職人精神の尊重を創立します。約45人の学生がいるのを加入して今回の協力計画に参与するのを選びに得るでしょう、かつ設計と技術などのプロジェクトのを受けて専門の領域の育成訓練を待ちます。

計画している初期の段階、先行して2つの作品プロジェクトを布勒芸術学院の学生に交付するでしょう、かつ学校の教師から監督指導を担当します。その中の第一つの作品プロジェクトは1つの高級な時計の箱を設計するの外で、学生は必ずこの外で箱のいくつ(か)の実用的な目的なければなりませんによって、腕時計を提供して効果を防護するのを含んで、および高級品店中のは展示して陳列して、設計します。

計画する2つ目プロジェクトのテーマ、バセロン・コンスタンチンMétiers d’Art Fabuleux Ornements芸術の大家の“伝奇的な装飾”のシリーズの腕時計の顔立ち設計の美学をテーマにすします。この2つのプロジェクトの実体の成果はすべてバセロン・コンスタンチンの時計工場の中で暴き出すでしょう、同時に時計工場の仕事場ので中で生産開始に製造させられて、目的は参与計画の布勒高等芸術学院の学生を譲りためにすべて自分の目で実際に商品化に自分のアイデアに会うことができます。

これと布勒高等芸術学院の創立する協力計画、バセロン・コンスタンチンの人文の資源と技術が研究計画(Institute for Human Capital and Crafts Development)の一環に発展するのです。この2013年起動する研究計画、目的を設立するのは伝統の技巧を守りにあって、かつ以前の260近く年の歳月の中で高級の表を作成する伝統の書いた光り輝く歴史のため祖先達を受けて、引き続き伝承して下ります。