たとえアップルは知能腕時計が次金が儲かるのだとは限らないをの推進しますとしても

知能携帯市場の増加が緩めるのに傾きに従って、多くの設備製造メーカーは次を探して収入の出所に増加するのを始めます。しかし確定したのが、またPC業界に帰る可能性が少なくて、そのノートパソコンとデスクトップ・パソコンの盛んに発展する時代すでに向こうへ行って、前区時間はStrategy AnalyticsがIDCのデータが皆まだ表示するのなののなのにも関わらず、2015年PCの商品量を出して同時期と比べて下落して10パーセントに達して、8年来が最低だ。だからこれらの設備が状況で緩めたのに増加する、一体下で1モデルが主流のまた金が儲かることができる製品になるのが何ですか?

ここ2年の市場が見に来る、下から1モデルは更に流行っている設備がもしかするとしかし服装の装置タイプから来たようになります。たとえばVRバーチャル・リアリティーのヘルメット、フィットネスの健康の服装設備あるいは身につけて運動するカメラなど。調査研究機関Gartnerのデータによって表示して、2016年にこの種類設備のは商品量を出して大いに18.4%増加するのを2.75億に達します。

Gartner見通し、今年服装設備の規模は287億ドルまで達するでしょうことができて、その中の知能腕時計の発生した総売上高は115億ドルに達するのを。2019年まで着いて、知能腕時計は15%の増加が現れるのを、年販売は175億ドルぐらいまで達します。