自然な代表的作品、悠久のとけない縁を訴えます

ジャークの独ルーマニアの悠久の伝統とブランドの創始者のピエール・ジャークの独ルーマニアを踏襲して時代自然と動物に対する深い情熱啓蒙していて、自然とジャークの独ルーマニアの作品の中でずっと貫くテーマの中の一つになります。

初期の黄金のエナメルから鳴いて鳥の懐中時計、小さくアカゲザルの頃の小針皿を描いて、小さく黒いヒョウを描いて頃に小針皿が近ごろまで巴展の大いに異彩を放つ時間を知らせるオウムの3で懐中時計を聞いて、ジャークの独ルーマニアはずっとより多く自然なテーマの元素の作品を持ってきに力を尽くして、始終変わらないだけではない表現は自然なのの真心をもってに対して伝承するロレックスコピーのと、更にジャークの独ルーマニアが現れてかすかな時間と動植物の演繹したまたたく間に過ぎ去る自然な奇観の穴に対して全力を尽くします。