ティソのイラクティンのシリーズのレディースの腕時計

米の風情の高雅な心に着くのがしなやかで美しいです

ティソは創立から表して、ずっと時代の貢献について女性を肯定して賛美していて、彼女たちの毎回のは自ら時間の中に一瞬の間に一瞬で感動させるのまた値打ちがある銘記させられた精神を持ってきて昇華するのを突破します。ティソは多い女性がとけない縁を持つ、腕時計が彼女たちについてと絶対に計算する道具はアクセサリーあるいは時、更に美しくて自由に絶え間ない前に良い鮮明な旗幟に女性を宣言するのを表します。歳月彼女たちの無限な魅力を実証して、彼女たちはブランドの歴史のために芳しい香りを加えて、なでていて時間の軌道1枚の美しい景色を形成します。時間ごとにのすきまの中で、ティソは1枚1枚の伝統に基づく革新の時で計算して力が凝集して女性の魅力を賛美します。

ティソのイラクティンのシリーズのレディースの腕時計の霊感は源を発して60年代世間に現れる1モデルのレディースの金表して、この第2版の腕時計は独特な枕の形を採用して殻設計を表して、展の原版の腕時計の本領を尽くして、60年代の女性のおっとりして美しいのを近代的な女性の優雅で腕利きな特質の中に溶け込んで、独特のものがあるモダンな風格を創造します。時計の文字盤の上で埋め込みしてなんじを詰め込んでダイヤモンドの目盛りにちょっと止まる天然の威があって、殻を表しと協力したのは自然で非の打ち所がなくて、真珠や宝石の類の感動させる光芒のようだ配って、腕時計を1匹のしなやかで美しい腕輪に似通わせます。

ティソのイラクティンのシリーズがブランドの百年を伝承する表を作成する技術を積載しているのはと豊富で内在して、表してと千言葉を載せます。このシリーズは設計してたくさん選んで、精密な鋼あるいはバラの金PVDクラッド層は殻を表して白色、黒色あるいは赤色の皮革の腕時計のバンドのデザインを付けてあって、表面まで(に)天然の威でなんじを競ってダイヤモンドの全精鋼の腕輪のデザインにちょっと止まりを縫って、世紀にまたがるだけある詳細と伝奇的な色彩を体現しないものはありません。

165年の時間が慌ただしくて、ティソは初めの心を表して改めないで、“革新・伝統ため”の理念を時間に貫いて、味わい深いクラシックを残します。ジンコウは充満して、歳月の印がますます濃厚なことに従って、未来の日の中で、ティソは表して初めの心を受けてそのパネライコピー通りにするでしょう、職人精神が1本のはなやかな時間の時計算する作品に浸潤して入る中にを。