最近ついたてのをこすりますF.P.Journeは一体どんな身分ですか?

私達がまた(まだ)浸って双十に手の苦痛を切ると中で時、同様に双十に急いで1この日の開幕したのOnlyWatchも幕に落ちました。今年のオークション品の中で、また(まだ)本当に多くのダークホースが現れて、これらのオークション品の中で、ついたての態勢のをこすりがありますF.P.Journeはとても人目を引くです!

でもこのF.P.Journeはどこが表すのですか?実はみんなもしも、その腕時計の作品を見た後に、はっと悟ったはずです!F.P.Journeは中国でも儒学と称するに刺し縫いさせられて、これは一つがフランスの年軽制表会社でから来たので、あるいは1つの仕事がもっと適切なことだそうです。1999年にやっと創立したのF.P.Journe、表を作成する界が絶対に年軽世代中の1人の員。

F.P.Journeはフランスの表を作成する師の創立した同名のブランドから、規模にとってすぐ10の何人かの人しかなくて、絶対に大会社と言えないで、その上年も百匹だけあって、しかしすべての腕時計の定価は百万元以上にあって、総じて言えば量るのが少なくて精密であるです。しかしに従いますF.P.Journeは壇を表す中で知名度のは日に日に上がって、その生産規模もそれに応じて高まりがあって、でも不変はまだ腕時計の定価であるべきです!

1つの表を作成するブランドとしてF.P.JOURNE,生産高の低い大衆の基礎もあれらの著名なトップクラスの表を作成する商に及ばないで、肝心な点は定価が更にとても高くてで、それはどんな原因がそれに獲得して壇の愛顧を表すことができるのですか?を言う人がいますF.P.JOURNEの売る時計はブランドではなくて、この総括はとても代表性があります。

F.P.JOURNEの腕時計の作品はほぼすべて手作りが完成のを作ると言うことができて、人材(材料)の選抜と技術技術は多くの人のを受けて賞賛します。設計上にありますF.P.JOURNE行ったのも単独で表を作成する方法で、伝統のが表を作成しと比較して、もっと多い変化と革新を持って、このでつけるのは合ってたくさん個性と品質の兼ねられる収集家達の考えが欲しいそうであるべきです。

にありますF.P.JOURNEの出す腕時計の中で、3部作(曲)を流浪する以外みんなを信じて、最もよく知っているのはその万年暦であるはずです!比較的優雅な外側、あまりよくない時計の文字盤設計とやはり(それとも)しっかり覚えやすかったです。

今年OnlyWatchの中で、F.P.JOURNEもついたてのリズムをこするです!今回からF.P.JOURNEの出すこのChronographe Monopoussoir Rattrapante特別な腕時計、珍しいタンタルの合金があって殻を表して、同時に1モデルのメイン針の時間単位の計算機能を追う腕時計です。

個性的な設計、1度同じく私に誤ってこれが1モデルの知能が表すのだと思わせます!その時計の文字盤は明るく美しいクロムの青いので、鏡映面の効果はとても強いです;その色調も光線に従って変化して、その上時計の文字盤の上で形態の特別な数字と色のあでやかな目盛りを印刷してあって、腕時計の全体はとても度を知っているのを弁別するのがあります。

その上F.P.Journeのこれは針の時間単位の計算を追って時計がオークションの中のダークホースを言うことができるのを積み重ねて、首位にすえますが、しかし最後に取引の価格は700数万人民元に達して、1匹の大黒と馬を言うことができました!

これが1モデルのオークション品だけある以外、F.P.Journeの作品も大部分が制限して生産するで、年間生産量の千足らず。その上聞くところによるとF.P.Journeは1つの全く新しい時計のウブロコピーモデルを出しますと、1つの既存を生産するのを停止してモデルを表して、これはすぐこのブランドの作品ごとにをすべて更に貴重なことに見えさせます。