今日はセイコーの骨董の表す特別興行です

みんなの印象の中で、セイコーは1つの比較の親民の日本の表を作成するブランドです。でもここ数年来セイコーの親民の大きい旗の下、1切符が高くて大きい上の腕時計がみんなに何を展示したのがセイコーの気高い範に属するのです!でも結果から上がってきて見て、各位が友達を表すのはすべて顔を立てたではありません。それでは今日みんなのために何モデルのセイコーの骨董を紹介して表して、少し苦しかった過去を思い出し現在の幸せをかみしめに来ます!

Laurel(1913)

1881年にのセイコーを創立するのは表を作成して閉じ込めるのに入って比較的早くなったと言えるべきで、1913年にセイコーは自分の第1モデルの国産の腕時計Laurelを出しました。資料から上がってきて見て、この腕時計はやはり(それとも)みんなの比較的好きな赤い12の設計だでもその時のセイコーはもしも懐中時計を製造するので、1日の200個に達することができて、しかしこのような精巧な腕時計の話、恐らく30しかなくて、これも腕時計の比重を制限しました。

セイコーは鉄道の懐中時計を捨てます(1929)

セイコーの一層の発展に従って、その時の官吏もこの本の土のブランドが気に入りました。その時の鉄道が普通を表すのロレックスコピーはすべてオメガの天下で、しかしその時日本鉄道の大臣はセイコーを指定して精密で正確な鉄道の懐中時計を製造しに来ました。セイコーのこの鉄道の懐中時計も品質、および精密で正確な度など方面で認可を得ました。

セイコーAUTOMATIC(1956)

世界を見ていて壇の上で表して、機械は表してすでに重要な商品になって、海の栄枯盛衰を表して半余り世紀間のセイコーも急いでいて、そこで1956年にあって、セイコーは自分の第1モデルの自動機械的なAUTOMATIC腕時計を出しました。取り上げる価値があるの恐らくつまり4千円ぐらいでその時の紳士の腕時計の平らな平均価格で、しかしこの腕時計の小売り価格は1.35万円に達します!

セイコーGS(1960)

1960年に、セイコーは今後強火GS腕時計を出しました。この腕時計は歴史の上の第1モデルのGSで、今年GSシリーズもセイコーの腕時計のシリーズから中で離れて、本当にの腕時計のブランドになりました。今年のバーゼルの時計展の上で、セイコーはまた(まだ)特に3モデルの復刻版の腕時計を出して、この史の上で第1モデルのGSに向って敬意を表しに来ます。

セイコーの世界の時(1964)

、は前世紀の60年代、もちろん石英のあらしだ前にセイコーの機械が表すのは噴出の状態を呈したのであるべきです。このセイコーが1モデルの世界を出した時腕時計、もちろんこの世界の時腕時計も日本の表を作成する界の中で第1モデル24時間腕時計を表示するです。設計上で、黒い青の2色の使うのはやはり(それとも)とても先見の明がありました!

セイコーの62MAS―010(1965)

この腕時計は以前は同じくみんなのために紹介することがあって、この腕時計はセイコーの潜む水道のメーターのの元の祖と言えます。かつその時に150メートルの防水機能があって、かつ日本極地研究探険隊と南極に持って行ったことがあって、きわめて冷たい環境性能に直面するのも良いです。その上この腕時計は外形の上でも良い設計を持っていて、今年セイコーはまた(まだ)Prospexシリーズ中でもう1度SBDX019腕時計を刻みを出して、大体すべて古い基本設計をも保留していました。

セイコーの300メートルは水を防ぎます(1967)

今年の4月、セイコーはGS法外な値段の潜む水道のメーターを出して、セイコーは潜む水道のメーターのが固執してずっとどうしてもあっていたのだと言わなければなりません。1967年に半分世紀前に、セイコーは1モデルの300メートルの水を防ぐ潜む水道のメーターを出しました。結論的にこれは1965年のあの1モデルの元の祖の潜む水道のメーターのアップグレードが版を強化するので、一体化設計、同時に防水性能を強化しました。

セイコーGS―V.F.A.(1969)

石英のあらしがまだ吹き始める全世界がない前で、セイコーは1モデルのV.を出しましたF.A腕時計、VeryFineAsjustedからとります。この腕時計はスイス天文台の認証を獲得して、同時に1モデルの商品化の高精度の腕時計です。この腕時計は日照時間の違いのプラス・マイナスの2秒、月の悪いプラス・マイナスの1秒をやり遂げることができます。

セイコーの6105―8110(1975)

この腕時計は600メートルの防水性能があって、その上外観の設計上ですでに近代的な水の缶詰の基本的なアウトラインがありました。1975年に、セイコーはこの腕時計の飽和している潜水する安全性の一連のテストに対して完成して、専門の600メートルの潜水する腕時計も勢いに乗って出します。かつこの腕時計はまた(まだ)海洋科学技術センターの試験を通して、実証させられて水深の1062メートルの環境に耐えることができます。

セイコーは1881年に創立して、会社の元の名前は服部時間単位の計算店で、1892年にセイコーに改名して捨てて、1924年に第1匹発表して正式にセイコーのブランドの腕時計を使います。1969年に、セイコーは世界で第1モデルのポインター式のクォーツ・ウォッチを出して、同時に引き離しました石英のあらしの序幕。

この百年余りの発展中で、実はセイコーの骨董が表すのがやはり(それとも)とても多くて、私達の前の文章もみんなのためにいくつか紹介したことがあってことがあって、今日みんなが紹介したのためにみんなをあまり受けないで重視して、しかしセイコーの表を作成する過程の中で一定歴史的意味の時計のモデルがあります。