おかしいkaURWERK UR-105係、また新版を増やします!

最近いつもみんなのためにいくつか紹介してマイノリティーの表を作成するブランドを比較して、それらはあれらの歴史は悠久なブランドに比較して、また(まだ)すべて若い若者達だと言えます。でもたとえこれらの比較的若い表を作成するブランド達だとしても、同じく時計の壇の上で仲良くしてひとしきりあって、これはkaランクのURWERKを責めないで、今年に自分の20歳の誕生日をも迎えました。

ちょうど自分の20周年祭に会って、URWERKがあたりに何新しく表すように出さなければならなくてよく少し祝賀しなければならなくに来ます。そのため最近一定の時間にあって、URWERKは1モデルの全く新しいUR-105 CT Streamliner腕時計を出しました。

URWERKの腕時計の作品は中世の騎士の鎧に材料を取って、2014年にURWERKは1モデルのUR―105M腕時計を出しました。腕時計の外形の上で騎士に似ているだけではない鎧、更に騎士の盾のようで、そのためこの腕時計も暗い夜の鉄のよろいの騎士と称させられます。このUR―105M腕時計はチタンの行為の主要な材料を採用して、独特な数が現すのはURWERK鮮明なブランドの特色です。

あとでの2015年、URWERKはさらに努力を重ねて、UR―105TA腕時計を出して、この腕時計はTurbineAutomaticタービンの葉があって調節して自動的に鎖システムに行って、これはTA略語の出所です。今年にURWERKはまた勢いに乗って全く新しいUR―105CTStreamliner流線型の腕時計を出して、設計上で、URWERKはまた自分の全く新しい定義がありました。

これまでと少しも変わらない数が“衛星”はいわゆる(聞くところによると愛の相手の“四つ手”ととような設計を現すを除いて、区別するためにも)を直訳して衛星になって、このブルガリコピー腕時計は保護覆いを守る自分のがありました。腕時計の表す閉じは1つのつるつるなグロックがあって、それを通じて(通って)みんなはふたを表しを開けることができて、みんなは腕時計の情況を一望ですべて見渡せることができます。URWERK最もすばらしい数は技術を現してと、すべてこの腕時計で見た目は良く得ることができます。

チタン金属を主役のグレーバージョンのにする以外、同時に黒色PVD上塗りバージョンがまだあって、ディジタル表示も設計させられて活力に富む黄色になった。2モデルの定価はすべて6.5万スイスフランで、人民元を言わないで、どのみちとても高いと感じます!

恐らくありためかぶせる原因を表して、腕時計は全体的にすべてスポーツカーの感覚があります。聞くところによるとこの腕時計の設計の霊感は1997年に生まれるので、もとは3人分派URWERKで、その中の1人の成員ははるかにニューヨークを行って、その他に2は自分を取り戻す良い基の友達に人為的になって、遠方をいとわないで流行に来てまたチャンスのNEWYORKを満たすです。

この夢の都市の中で、彼らは街頭を漫歩して、ニューヨークの写真を撮影する、赤いれんがの家屋、芸術の摩天楼ときらきら光る地下鉄を飾る。UR-105 CTStreamlinerの設計は材料をとってもこれらの貴重な記憶、比較的典型的なArtDeco風格があります。

このような風格の典型的な例、米国ニューヨークマンハッタンののグラムのライスがビルと帝国大厦を彫るので、その共通の特色は豊富な線を持っていて層を飾って追って構造のアウトラインに萎縮するのです。濃いアメリカンの風格、正にURWERK創立者達の若い時の形です。