地球の中心から出発して宇宙の外の宇宙の世界を探求します

2は百年以来きんでている追求に対して、1822年に威の兄弟を放送して一族のブランドを創立して、ひとたびその製造した腕時計が出したなら表を作成して芸術の領域の疑いをはさむ必要がない業界を飾って参照になりました。威の腕時計を放送して更に専門が表を作成すると芸術博物館中でどこにも見られて、ブランド設計の不朽な地位を明らかに示します。

今日、威の技術師達を放送して技巧を通じて(通って)とを伝承して絶えずきんでている表を作成する技術の極限を突破するのを望んで、ブランドの伝統に向って敬意を表します。このような絶えず正に完璧な精神を求めてPascalRaffyが2006年にBOVET 1822のためにブランドの表を作成する労働者の坊を創立したのをさせるです:BOVET 1822 Manufature de CadransとDIMIER 1738 Manufature de Haute Horlogerie Artisanale,表を作成する労働者の坊の中で技術師達は熟練してい各種の技術の技巧を掌握することができるだけではなくて、更にその選択に使うように供える数えきれない貴重な原料があります。

今年、威のシリーズを放送して皆2モデルの全く新しい材料を採用して、ブランドの職人は2008年からそれを掌握して方法を使ってそして絶えず広めて、それが人の心の人を魅惑する外観と寓意の豊富な設計の霊感を撮影するのは人に大いに見聞を広めさせるのを運命付けます。

砂金石の自身は地球の鉱物の材料で、含んだ装飾の原材料は砂と多数のガラスの結晶の“ケイ素”でよくあるです。このスーパーコピー時計に工芸美術の価値の原料の由来を高く備えるように理解して、私達は17世紀までさかのぼらなければなりません。その時の穆が承諾する島を引き延ばすのはすべてガラスの芸術ので、Miotti一族はその加工〝処方〞後を創始して、それに対して行って数年厳格に秘密にします。砂金石を作って染色してガラス、銅不純物の銅の亜酸化物を含みと混合するでしょうが必要で、その中の三角形は6角の形の結晶と“衝突”がまばゆい輝きを出しができます。砂金石の製作と加工は全く経験主義の産物で、ただ豊富な経験を持つ専門の芸術の技術師はようやくほど良い優良品質の材料を作りだすことができます。そのため、いまどきになって砂金石の依然として大規模量産してはいけない稀少な材料。砂金石はガラスの透明さ性があって、わずかな黄銅はまるで自由なことを飾ってガラスの結晶の間で往来が頻繁です。

砂金石は原料を加工するのだけれども、しかしその美感も多い宝石商を甚だしきに至っては宝石学家が夢中にならせて、そして(“金石”、英語)“rivière d’or”(“金色の河川”、フランス語)それを“gold stone”と呼びますと。砂金石(aventurine)の自身の名前はその意外に発見した過程でから来て、その時銅のくずはうっかり(all’avventura)が転んで落ちてガラスのるつぼの中を溶かすのため生みました。今日、この材料はそれまるで星空の類の外観のため人称に“stellaria”になられます。