ブレゲClassiqueクラシックのシリーズの5395超薄陀はずみ車のサイドオープンの腕時計

全新ブレゲClassiqueクラシックのシリーズの5395超薄陀はずみ車の透かし彫りの腕時計は陀はずみ車装置をはっきりと示すため、特別な臻は3ミリメートルの超薄のサイドオープン式の581チップのためただ厚さだけを選びます。この腕時計の作品は表を作成する技術の方面がやはり(それとも)芸術の技巧で方面で、全て大家のが行いを称することができることができるのにも関わらず。

型番は581の超薄のチップために表を作成する領域の傑作のため、3ミリメートルの厚さに頼って、十分に全世界性能の最も顕著なのに登って自動的に鎖陀はずみ車のチップの列に行って、その技術の成し遂げる背後は一連で複雑なデバッグに触れました。陀はずみ車にとって、1つの完全なのが改めて設計するおかげです。チタン金属の製造する陀はずみ車の骨組みで実現して直接輪列とかみ合って、底部の歯車をマスコミにするのレプリカ時計ではありません。それ以外に、ケイ素の質のエスケープの独創性がある角の造型は更に有効に空間を節約しました。この独特で巧みな構造、ただブレゲの表を作成する労働者の工場側はその大規模化が生産するのを実現しなければなりません。

機械的な構造の精妙なのをはっきりと示すため、構築する前提に影響しない下に約50%のチップの材料を減らしを実現して、厚さがただ3ミリメートルの18K金の質のチップのためだけの上で透かし彫りの設計は極限を突破するのと言えます。サイドオープンの技術の挑戦は主に最大限度の削除の材料と同時に源を発して、各部品の技術性能が影響を受けないをの確保しなければなりません。金の質の材料の応用はもっとこのCLAS(2,5)の斬新な表を作成する技巧は難度を加えました。いったん選択して使用したらの合金の材料は硬化を始めて、表を作成する師は即刻専門技術を運用してそれに対して処理しなければならなくて、方は最終造型を実現します。ブレゲは指折り数えるほどわずかなためにこのように境界の金を備えて技巧の表を作成するブランドの中の一つを彫刻するのをわずかに残します。またこれに加えて手製で彫り刻む、丸くない真珠が彫刻して模様を刻む、面取りの修飾の技術の運用、この腕時計をもっと抜群に優れていさせます。