ブレゲ(Breguet)のクラシックのシリーズClassique Chronométrie 7727腕時計

ブレゲのすばらしいシリーズClassique Chronométrie 7727はモデルが専門的に設計するケイ素の質の2層の空中に垂れる糸を配備して車輪、ケイ素の質を並べて捕らえてばつ、ケイ素の質の雁木車を跳躍するのを表して、このリシャールミルコピー腕時計にフリーボードであることがあってしきりに奮い立つだけではありません、また(まだ)とてもすばらしい精度を備えます。ブレゲはすばらしい運動エネルギーに頼ってぜんまいの箱技術を貯蓄して、および高品の軽量のケイ素の材質の運用、高周波の7727腕時計に60時間続く動力備蓄物があらせます。

時計の文字盤設計はえこひいき頃皿のため、12時位置は小さい秒針を設けて、動力は貯蓄して5時に位置を表示して、Dの秒を部門の特許のケイ素の質のポインターにして1時の位置の小さい秒の皿の上で位置します。pare―chuteは装置に震動して2時に位置が明らかにはっきりしているのを避けて、再度同時にブレゲの大家の1790年にの革新の技術の将来の見通しのが現れて、同じく腕時計を更に細かくて薄くさせます。