IWCとJU-AIRの航空はいっしょにパイロットの時間単位の計算の腕時計の“JU-AIR”の特別な版を出します

万国とスイスの航空会社JU―AIRは長年になってずっと良好な協同関係を維持していて、今のところ8つの骨董JU―52型の飛行機の中で、IWC(万国)のLOGOを印刷してある1台の飛行機があって、今によってすでに20年長期ありました。その上この飛行機は2000年にまた(まだ)万国のパイロットの腕時計のために一回の環球を行って飛行して、自身の傑出している性能でそれとIWCの優秀なのを検証して、今ちょうど万国は20周年JU―AIR航空を賛助して、その上、また時計と奇跡(Watches&Wonders)前夜、万国これをきっかけに、パイロットの時間単位の計算の腕時計の“JU―AIR”の特別な版を出します(型番:IW387809)

この腕時計の設計の風格はパイロットと客室のゲージ板を運転してとても似ていて、典型的なパイロットの腕時計の設計の風格です。時計の文字盤はロジウムメッキのロレックスコピー設計を採用して、すべてのポインターは時と表示してすべて白色の夜光の上塗りを持っていて、たとえ暗い条件下でとしても明らかなのが読むことができる時。その時間単位の計算機能は比較的比較的すばらしくて、基礎の時間単位の計算の時に長く60分しかないが、しかしそれは付けてあって帰る機能を飛んで、押さえつけて冠の下の押しボタンを表す即刻帰零のことができて、初め新しい一回の時間単位の計算。

そのチップは万国の自分で作る89365チップで、68時間の動力備蓄物を持っています。殻の背面の銘刻1台の容のグラムのJU―52飛行機を表して、JU―AIRの航空の良好な協同関係を代表してと、“Oneout of500”の字形はそれが500制限するのだと説明して、それを強調して求めてはいけない身分に会うことができます。私達はとても恐らく間近で展開する第2期の時計を奇跡(Watches&Wonders)の上でとそれに見えるのがあります。