技術狂人ブランパンはとラッセルを押さえます

誰が呼び覚ましてラッセルを押さえるのですか?輪の中の人はすべてブランパンを知っていて、しかし、問題は、ブランパンはどうしてこのひっそりと静まりかえっている複雑な技術を呼び覚ましますか?それは意味がなにかありますか?私はまずラッセルを押さえるのを理解するのを要しなければならないをの考えましょう。陀はずみ車の長期ここ数年来の絶えず流行っているのに発展しておよび、ラッセルを押さえるに人々の視線がフェード・アウトさせられました。ラッセルと陀はずみ車を押さえるのは本質は1つのもので、すべて重力を相殺するのためにたとえ調速装置の影響でもを捕らえるのに対して、発明する1つの構造、それらはたとえ速度変調の構造でもを捕らえるのを1つの骨組みの中に置いて、骨組みを回転させて、電位差を相殺します。ラッセルを押さえるのは陀はずみ車ので、その理念が陀はずみ車から延びてくるためです;同じく反対する人がいて、と言う人がいます、ラッセルの低周波を押さえるため、電位差の目的を相殺するのを実現することができません。それでは、何はラッセルを押さえるのですか?それと陀はずみ車の違いはどこですか?ブランパンどうして重い拾のこの複雑な技術ですか?

それの次の定義にひと言を使って、難しくて、適当ではなくて、しかしもしもあなたは以下の内容を見終わることができて、あなたの一定が理解するのを信じます。ラッセルの発明者を押さえて、Bonniksen(バーニーと金森)といって、1人が久しくイギリス(その時の懐中時計の置き時計の大国)のデンマークの表を作成する師に位置するので、ロンドンで時計の見習いになっのでことがあって、1892年に発明はラッセルを押さえて、その年11月にイギリス特許管理局No.を得ます21421番の特許、そして生産し始めて、書いて《TheKarusselWatch》1本があります。

19世紀初め、ブレゲは陀はずみ車を発明して、きっと業の内で一里塚の意味があって、しかしBonniksenはそれの価格が高価だと思って、そこでいっそう親民のソリューションを探したくて、結果はラッセルを押さえて誕生して、陀はずみ車より更に複雑で、その時の生産力の条件の下で、いっそう優位を備えないで、価格も高くて、彼はその時25の表を作成する師を雇って、毎年イギリス皇室天文台の認証する押さえるラッセルの懐中時計の500匹以上に送って、しかし依然として悪運(市場が経済によって話をするのだ)を逃げられないで、20世紀初めに、彼は押さえるのラッセル特許とを自分でCoventryの表を作成する労働者の坊で設立して、合わせて有名な時計会社に売りました――Rotherham。事実上、彼は発明する多くの時計があって、最後はすべてこの会社に売りました。

構造の上から言って、ラッセルを押さえるのはたとえシステムは、並べてすべて1つの円盤に置く上に空中に垂れる糸システムおよび、4ラウンド(あるいは骨組みの内で)に順番に当たるのでもを捕らえるでしょうで、並べるのは空中に垂れる糸システムに順番に当たる円盤(骨組み)の軸心の上でので、3ラウンドと骨組みの下の4ラウンドの軸心は順番に当たって繋がって、4ラウンドの回転を動かして、同時に3ラウンドは骨組みの固定的ないっしょにいる骨組みの車輪をつないでいてと、骨組みを動かして回します。だから私達は見て、3ラウンドのエネルギーは一方では4ラウンドに伝送して、一方では骨組みに伝送して、これは陀はずみ車と全く異なります、その上4ラウンドは固定的ではなくて、陀はずみ車の4ラウンドは全く固定的だです。