中国と西洋の文化は1か所に集まります 芸術の賛歌を作ります

バセロン・コンスタンチンは思って、1人当たりの感情、物思いと改めて考えたのを奮い立たせることができるのはこともあろうに決してある芸術でなくて、各種の異なる芸術です。長年来、この本部がジュネーブの時計メーカーに位置して無条件に国内外の異なる芸術の発現様式を支持するを通じて(通って)伝統を尊重しに来に力を尽くして、激情を分かち合って、知識を順次伝えて、世界の文化の開放する姿に対して現れ出ます。

周知のように、Métiers d’Art中国の12生まれ年の伝奇的なシリーズの腕時計の霊感の出所の切り紙細工の芸術として、中国の古い伝統の手工芸の中の一つで、国連教育科学文化機関に“非物質の文化の遺産”とさせられます。この中国の伝統の芸術がとスイスに源を発するのがPays d’Enhaut地区のシルエットの芸術(Scherenschnitt)がやり方は異なるが効果は同じのを持っているみごとです。イベントの現場、バセロン・コンスタンチンが中国の切り紙細工の芸術の大家を特に招請するのは賓客即興でシルエットで、あるいは気高くて優雅で、あるいは非凡な風格があって、各種の姿は紙上にありありと現れていて、生き生きとしています。

夜のとばりは訪れて、黄浦江畔、バセロン・コンスタンチンは一心に多い感覚器官の凶悪の獣の盛大な宴会を製造して、上海各界の名高い人たちと社会のエリートに一堂に楽しく集うように招待します。晩餐会の珍味のパリのブルガリコピー時計はるばるやって来たミシュランのサムスンレストランのメインコックAlainPassardは苦心して設計して、バセロン・コンスタンチンのブランドの理念と製品の風格の中から取ってアイデアを取って、富む韻律の機械は彫りを刻んで、心や目を楽しませる真珠や宝石はきらびやかなエナメルを象眼してとこれを飾って霊感の繆になって、完璧にバセロン・コンスタンチンの高級な時計の精髄を詳しく解釈しました。

世界の有名な中国のバイオリン奏者の黄蒙拉先生のは感情を傾けて晩餐会の雰囲気を高潮に取り入れるのを演奏します。バイオリンの曲はゆっくりと演奏して、時々うれしくて激高して、時々やさしくて高く低く流れて、伝統の中で変化に富んで、重々しく失わないのが活発です。黄蒙はクラシック音楽のが完璧に演繹するのに対して客に場で息を殺してを聞かせる引き延ばして、音楽の尽きることがない魅力に酔いしれて、感動して芸術の代々で伝承します。音楽は諭しに時間の芸術になられて、音楽に似ていてこのように重視して時間の精妙なの組み合わせるどれの芸術がありません。時間での経過の中で、伝統に続いて、革新を突破します。時間測量者のバセロン・コンスタンチンとして、250は越えて年おなじな芸術の理念を分かち合っていに来て、深く悟ってそして完璧に伝承して革新する表を作成する哲学を演繹しています。