ダマスカスは金を埋め込みします:ブランパンの唯一の扉の珍しい書物

天然自然の物より勝る五大技術

周知のように、ブランパンは金のワシ、エナメル、ダマスカスで金、赤い銅、イベント人の偶数の五大非凡な技術を埋め込みして世に名を知られます。その中、ダマスカスは金と赤い銅の技術を埋め込みして、ブランパンを結んでだけあります。

ダマスカスは金の技術を埋め込みして紀元前の16世紀に起源して、最初に武器が飾りに用いて、ブランパンの開始性はそれを腕時計の装飾中で使います。この技術要求は1―2ミリメートルだけの厚い時計の文字盤の上で、0.彫刻しだします 1 -0.2ミリメートルのグルーブ、それから金の糸を軽いにの組み込むのパネライコピーが叩く本当で、また平らなことを磨き上げてあるいは浮き彫りが経って、生き生きとしていて複雑な精巧で美しい図案が現れて、天然自然の物より勝りと言えます。

赤い銅:日本の伝統の技術に源を発します

赤い銅の技術は日本から源を発して、長い剣、装飾品などの器物を作りに用いられのでことがあります。ブランパンで、このめったにない芸術の形式を時計の文字盤の芸術を通じて(通って)みんなの目の前で現れます。赤い銅の技術は特殊な鈍化している工程を使って、rokushヒ(緑青の塩)の溶液処理を経て、時計の文字盤は青の黒い間、変化がめまぐるしい深緑色の沢に介在するのを現して、独特で人を魅惑します。