夢の宇宙を追ってとても腕時計の誕生60周年を奪い取りを渇望します

珍しい腕時計はオメガがボスのシリーズの腕時計を超えるように人類に啓発を受けることができます。初として月のすばらしい時に上がって計算して、それはすでにOmegaオメガになってきんでている技術を運用して技術を革新するのと宇宙の探求する恒久のシンボルを実現します。とても腕時計の誕生60周年を奪い取る時、私達と宇宙の愛好者、オメガの有名人の大使のジョージ・クルーニー(George Clooney)の先生は共にアポロン計画の黄金の年代を振りかえって、オメガを探求してとてもシリーズ名を奪い取ってみごとな原因を表します。

ジョージ・クルーニーは過去何回も宇宙飛行士の役を演じたが、しかし珍しい人は彼が宇宙に対して同様に無限なことを持って心から愛することを探求するのを知っています。グラムのルーニーは形成して20世紀60年代、ニール・アームストロング(Neil Armstrong)と巴茲・奥爾徳林(Buzz Aldrin)が初めて月の表面に足を踏み入れる時、1グラムのルーニーに年はまだ8歳長じているのを出します。たくさんの同年齢の人とと同じに、グラムのルーニーは宇宙飛行士を心の中の英雄だにと見なして、そして夢の宇宙を追いを渇望します。

あの経歴を思い出し始めて、グラムのルーニーは表します:“それは最も人に興奮させる少年時代の時間です。私達はすべての宇宙飛行士の名前を知っていて、甚だしきに至っては食物で選んでも彼らに影響させられます。回が休日を過ごしがあって、私達は特に運転してニール・アームストロングの郷里を横切って、ただ私達が彼の成長しのロレックスコピーでことがある場所を通りたいだけためです。宇宙飛行士は私達にとってとてもすごい人物です。”

1961年、米国の前大統領のジョン・ケネディ(John F. Kennedy)全米の人民がひとつの結んだのが大胆なために冒険的な挑戦。彼は正式に宣言します:“私は私達の国家がを60年代終わる前に1つの目標に完成するのをかたく信じて、すぐ人類にそして月に登る夢想するのが安全に地球に戻りを実現させます。”

グラムのルーニーによって思い出して、この挑戦はその時からするとほとんど実現することがあり得なくて、しかしそれの持ってきたいまだかつてない楽観的な精神の社会の中の各方面は全てある程度体現しています。“人類は60年の時間をわずかに用いて自動車の発明から歩み入って月の時代登って、”グラムのルーニーは言います:“まるでそれはすでに人類の楽観主義の極致の状態和のリードする考えの体現でした。私達はすべて全て実現することができると感じます。”