チュードルは表して2019年のラグビー(ボール)ワールドカップ政府の時間単位の計算を担当します

チュードルは2019年を担当してラグビー(ボール)ワールドカップ政府の時間単位の計算が特別な版の青玉の湾の時間単位の計算に時計を積み重ねるように出しを表します

2019年9月20日~11月2日、第9期のラグビー(ボール)のワールドカップは日本にして、有名な制表ブランドチュードルは表して試合政府の時間単位の計算を担当します。同時に、今回の試合に参加したニュージーランドのオールブラックスはチュードルの時計ブランドチームの大使で、優勝を勝ち取る大人気です。

ラグビー(ボール)のワールドカップは世界の第3大スポーツの試合と称させられて、4年ごとに一回催します。ラグビー(ボール)は運動して全世界に910万参加者と3.38億サッカーファンを持って、理事会の成員は121の国家と地区から構成して、6つの大陸に至る所に及びます。

サッカーファン達はあるいはスタジアムでの内で選手が交替して板の上でチュードルの表す影を見ることができて、すべての眼光はすべて審判と官吏の決定にピントを合わせるのを、彼らは特別な版の青玉の湾の時間単位の計算を利用するのを時計が時間単位の計算を行いに積み重ねます。

特別な版の青玉の湾の時間単位の計算は時計がチュードルを搭載して表してMT5813チップを自製するのガガミラノスーパーコピーを積み重ねて、このチップはガイドポストの車輪とケイ素の空中に垂れる糸を配備して、動力に70時間続いて保存を提供することができます。この腕時計は黒色のゴムの腕時計のバンドを採用して、同時に背負って扮することを表して019年のラグビー(ボール)のワールドカップの紀念の図案があります。