故宮の精巧で美しいエナメルの腕時計を保護して伝承して発表します

近日、[故宮博物館の90周年の祝いの贈り物をする腕時計]発表会は故宮博物館で催します。発表会の上で、時計界、文化界の数名専門家、学者と収集家は今回の発表した“天の寵児の竜鳳”と“太和が象がない”の2モデルの精巧で美しいエナメルの腕時計を目撃証言しました。

故宮博物館は今の国内で、更には世界で中国古代金属の胎(を収集するのが主に銅で、金と銀の胎者)エナメル器の数量の最も多い場所がも兼ねるかあります。共に収集して元代から清朝まであって、および民国の時期の金属のエナメル器の6000数件、その中の針金をつけるエナメル器の4000数件、エナメル器の2000数件を描いて、種類がそろっていて、針金をつけるエナメル器がとエナメル器の2の大きい類を描く以外、少なく胎のエナメル器、金槌の胎のエナメル器、透明なエナメル器を彫刻する一部のがもあって、および1件のエナメル器の上で同時に2種類の制作技術の作品を使います。これらの作品は内廷がつくって所、広東、西洋をするのを表して、および中国と西洋の両方が備わっていて異なる風格の特徴、用途が広範で、宮殿が飾り付けるのに関連する、宗教が祭りを営む、殿内の建築装飾、および日常生活の各方面、中国の古代金属の胎のエナメル器の貴重な実物の資料を研究するのです。

今回の故宮文創チームは宮廷の文化を拠り所にして、竜、鳳などの伝統の文化の元素を選び取って、伝統と革新するエナメルの技術を結び付けて、全世界のトップクラスのエナメルの腕時計の大家を共同して、そして作るエナメルの腕時計のファミリを設計して、生産して、紀念故宮博物館の創立90周年のためだけではありません、中国のエナメルの芸術と技術に向って敬意を表するです。このような製品の研究開発保護、を通じて(通って)中国の悠久のエナメルの技術を伝承して発揚するのを望んで、伝統の職人精神に再度煥発を得させます。

イベントの現場、故宮博物館の常務の副院長の王亜民先生、北京故宮文化サービスセンターの主任の馮輝先生、中国の時計が力を合わせて組の理事長の汪孟晋先生ができて、故宮博物館の研究員、その他の鑑定専門家、時計がエナメル専門家の張淑芬レディース、故宮博物館のもと指導(者)、エナメルの腕時計プロジェクトの顧問の姜徳平先生、国家の1級の技巧の大家の王瑞瑜先生など、とと一緒に“天の寵児の竜鳳”と“太和が象がない”の2の大きいシリーズの腕時計、張淑芬の専門家を発表してそして現場が腕時計のために護衛する現場の賓客のために今回腕時計の独特な場所を発表したのを詳細に説明しました。

聞くところによると、今回の発表した“天の寵児の竜鳳”と“太和が象がない”のエナメルの腕時計は皆ペアウォッチで、その中の天の寵児の竜鳳の腕時計は制限して90組発行して、太和は腕時計に似ていて制限して2015組発行するありません。