ロンジンはもう1度時計を刻みます

ブランパンは50噚シリーズを出して、現代潜む水道のメーターの発展を開きました。その時ブランパンは単項が回転して閉じ込める設計を表しを出して、特許が制限するため、ロレックスの初期での水の幽霊の上は双方向をして回転することしかできなくて、特許まで期限が切れます。

ロンジンはこのような情況に直面して、その他に方法を採用しました。それは時計の文字盤の1週間で潜む水の波紋を添加して、そして超過の時計を通じて(通って)単動を管理して、このように意外なのが発生して当たることはでき(ありえ)なくて、潜水夫の安全を保証します。ここから前世紀に60年代LegendDiverシリーズに誕生します。

最近、ロンジンはLegendDiverの復刻版を発表して、面白い場所は殻のサイズを表しを36ミリメートルにつくったのにあって、その他に黒いのだんだん変色する“熱帯”の時計の文字盤をつけました。ベルトの売価約人民元の15000、鋼は16500元持ちます。