F.P.Journeが「Bybolos」限定リストをリリースします

最近、スイスのタブブランドF.P.Journeが、レバノンのベイルートにあるブランド品店の開幕を祝うために、新しいChronomèBleu「Bylos」の腕時計を発売しました。

ビブルスはレバノンベイルート市の北何キロのところにあります。ヨーロッパ-地中海文明の発祥地です。ブルースは世界最古のフェニキア港で、紀元前4世紀ごろに世界で最も重要な商業と文化の交差点となりました。F.P.Journeは「Bybolos」と命名し、レバノンのベイルートにあるブランド品店の開幕を祝います。

F.P.Journeは初めてChronomèBleu BYBLOSリストに透かし文字盤を採用し、ねじりケーブルのような装飾を施した18 Kのバラゴールドマシン芯を展示しています。文字盤には青いアラビア数字が表示されていますが、12時の位置には「Bylos」という文字が印刷されています。ブランド名の「F.P.Journe」の「J」はフェニキア文字で「yodh」を表し、手の意味を表しています。また、「yodh」はフェニキアのアルファベットで10番目のアルファベットで、F.P.Journeを代表して全世界で10番目の逸品店です。腕時計のケースは希少金属タンタルでできています。硬さが大きく、扱いにくいため、この金属は時計ではあまり使われていません。また、耐腐食性と耐摩耗性が強いため、タンタルは医療分野や航空分野でよく使われています。

腕時計の内部には、ブランドの手作り手作りハンドチェーンのマシン芯を搭載し、振動数は21,600回/時間です。二本のバネケースは56時間の動力備蓄を保証できます。このChronomèBleu「Bybolos」腕時計はベイルートのブティックと世界の他の9つのブティックの中で販売されます。東京、香港、北京、パリ、ジュネーヴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミとボカラトンを含みます。