ジャークの独ルーマニアは第3件の作品の修復のために出資援助を提供しま

ジャークの独ルーマニアは第3件の作品の修復のために出資援助を提供します。この置き時計の高い92.56センチメートル、青銅に扮して時計の殻を埋め込みするのを埋め込みするのを配備して、時計の殻の上で1つの鳥かごが設置されていて、かごの中に1羽の鳴く鳥がいます。時計の殻がナポレオンが現れて1世の時期にシンボル的な“retourd’Egypte”の帝国の風格がおよび、その時の東方の風格を風靡して、この時期特有な装飾のイメージがあります:スフィンクス、勝利の女神は、エジプトのヘアアクセサリーの上半身の写真(彫刻像)、ハクチョウと荷葉に似ています。置き時計のチップの底板の上で“Pierre Jaquet-DrozàLa Chaux-de-Fonds”の字形を彫り刻みます。推測するによると、本人がおそらく職人にジャークの独ルーマニアのチップをここまでで置き時計の上で設置させるのナポレオンがあって、それを合ってトーチカの王女をあけるのに贈って、これはその時きわめて流行のプレゼントと言えます。

この置き時計は1984年に力ロック時計博物館(Musée d’horlogerie du Locle——Château des Monts)収入はチベットを抵当に入れて、博物館の秘蔵品の中の一大の宝になります。それは2本鎖のチップを搭載して、しかし2つの時計の上で鳴いて時計を刻みと時間を申し込んで、そしてシャフトのエスケープを配備します。鳥は鳴いて音がひとつのから鋭い歯のロールの小型のオルガンに付いていて出しを配備して、しかし、10の笛の腔の上で鳴く6本のメロディー。メロディーが演奏する時、スズメの鳥は口部を開けて、尾羽を扇動して、のど部、次に自転を奮い起こします。

この作品はすでに長年スタートがなくて、必ずすべての部品を解体してきれいに洗わなければなりません。その後、全ては一部はその元からある特性によってを修復します。この作品の一大の特色、置き時計のねじ歯車の配備する4からくりの骨の金属チェーンは全く再制作を必要とします。置き時計と小型のオルガンの構造は検査と修理が必要です。桃木の時計の殻は修復が必要で、その元からある色合いを回復する。青銅は改めて金めっきして、スズメの鳥は新しくします。すべての上述は工程を修復して専門家のからを完成します。

修復作業は2018年のジャークの独ルーマニアの創立の280周年紀念の時を竣工します。最終、時間を知らせる鳥の置き時計はできるだけもとの様子を取り戻します。精密で正確な機械の構造と精妙な装飾の技術、現代の時計の作品と、ジャークの独ルーマニアの職人が現れて止まらない精神を伝承して、すぐ巧みで完璧な技法と十分な情熱で、珍しい米の人を魅惑する時計算する貴重な品を創建し営みます。