シンボル的な傑作の誕生

“Nomen est Omen”――このラテンのことわざの語意は「文字通りだ」を指します。 この話がGPジラール・ぺルゴの表すLaureatoシリーズに応用するのは特に適切です。 1970年代中期まで回顧して、芸術を設計してだんだん会ってあわただしく変わります。 例えば表を作成する技巧界は前例のない需要に直面しています:市場は優雅な風格と1枚のスポーツの風格兼備する名の時計を求めて、この完璧な腕時計はいかなる場所の服装ことができるべきですで、風格の表す殻と腕時計のバンドを独特なものとして持って中の一つを結び付けることができて、極致の並外れている美学が現れます。

GPジラール・ぺルゴは表してイタリアで1つの構想まで(に)探して、この概念の誕生に助力します。 ブランドは1名のミラノの建築士にこの腕時計のために研究を開くように頼んで、彼のすぐ気づくのはその時計の小屋です。 彼は1人の本当にの芸術家の類ようです、1つの八角形を設計して冠を表してそして埋め込みして表すに以内を閉じ込めて、円形と八角形ので調和がとれている融合が現れます。 つやがある影の動態を組み合わせるため、8つの角はすべて明らかな直線でつながるのではなくて、きめ細かい突き出ている人あるいは、コンケーブを売り払う構成して調和がとれている感の朕の線を満たすのです。

しかも私達を収容してあえて建物と腕時計設計を同列に論じます:フィレンツェの聖母百花大聖堂は円アーチ型設計で八角形のの構造を組み合わせて知られていて、その次は教会堂の中殿、耳堂と合唱団です。 こちらの建築士はこの概念を1枚の腕時計の中に濃縮して注ぎ込みたいかどうか? 円形の最高の層は八角形を内蔵して冠を表して、組み合わせて自然で非の打ち所がない表す殻と腕時計のバンドをつなぎますか? 解答は:当然です。 表を作成する技術の方面から言って、1975 Laureatoはもう一つの個驚喜を埋蔵しています:チップ。 比較的大きい初のスイスにかなり石英のチップの4年後でつくるように出して、GPジラール・ぺルゴの表す技師はすぐさま懸命に1枚のとても細かくて薄い小さいチップを鋳造します。 これはLaureatoの運行する精密なチップを推進します。 その時間単位の計算性能はとてもきんでていて、簡単に一連の政府の精確なテストを通じて(通って)、GPジラール・ぺルゴ表して得るになって最も多い石英の時間単位の計算のチップの認証する表を作成するブランドを公布します。 Laureato,この名前はびくびくしません。