腕時計の作品の源:TigreRoyalスカーフ

前で述べたように、この腕時計の新作の中で、エルメスは金を総合してエナメルの2種類の技術を彫るでと、力を合わせてスカーフの上のベンガルトラの王を演繹しだします。Arceauシリーズに話が及んで、それはブランド所属の長青のシリーズだと言えて、その年デザイナーHenri d’Orignyが一手に主導的だからこの時計の耳のとても特色がある作品を開始して、その外形の原本はエルメスの若い頃作る馬の鐙の製品を参考にするので、ブランドと馬術の世界の深い源を連絡を取り合い始めます。ここ数年来Arceauシリーズはエルメスの一大の主力を称することができて、あるいは何の麼の新しい機能がこの結合の多重が技術の作品を飾るようで、このシリーズの上で初めて発行してすでに日常茶飯事のようでした。Arceau Tigre Royal採がバラの金を使うのは殻を表して、表す直接41mmで、顔立ちの上の図案は先に金に助けを借りて師を彫っておよびの側でトラ下に敷く石と金棕の櫚の葉などのもののアウトラインを刻むので、それからエナメルの技術師のリレーをかえて出陣して、白色、黒色、黄色、茶褐色などの色調を利用して生き生きとしているベンガルトラの全貌を描き出して、筆触はきめ細かくて生き生きとしていて、彷彿の本当のありの1匹のトラが腕時計上私達の同じ殺気を見張っているのが十分だ、と同時に金に座ってシュロの櫚とシュロ、褐色のエナメルの織りなす背景を彫る更にトラの王者の身分を引き立たせるのに役立つ、この画面ののがほとんど顔立ちの上であのをもうすぐ忘れる時に分針。

ポインターの幸運な核心を推進するのはまだブランドの近年のメインH1837チップで、開く表す背負うこれまでと少しも変わらない見た基板自動皿上でとひっくり返りますいっぱいな象徴エルメスの”H”字母飾る、ほかに支店はないの設計は趣味の機械の技術の収集家にこの独特な感を喜んで迎えさせます。通常このような技術が表して特に注文して作らせるのが時計工場の少量のことしかできない発行(製作はさすがに手製でなぜ麼が量産したいのも容易ではない)買い手がもしいなかったら、このArceauTigreRoyalは台湾市場だけのために出したので、数量のただとても少しの6匹に気づいて、物はまばらなののを高いにして、だからその値段は確かにとても迫力があるのです。

Arceau Tigre Royal

バラの金の材質/H1837が自動的に鎖のチップ/に行く時、分ける/金のワシ、エナメルのベンガルトラのトーテムが顔立ち/サファイアの水晶の鏡映面、透明な底を飾って/水を防ぐ30メートル/をかぶせて小道の41mm/を表して6匹制限するのを表示します