硬骨漢をしたくて、先にグロックの硬骨漢の風格の腕時計をつけます

それではいくつかの人が剛毅な風格で有名なことがあって、彼らは成熟して、落ち着いていて、体つきは健やかで大きくて、事を進めるのが果敢で、小さくて新鮮な肉の“横行する”の時代で、彼らの世の中の地位はこれまで倒れないで、この人たちは”硬骨漢“と称させられます。

“硬骨漢”に関して、私達が最も早く硬骨漢の魅力を感じるのが映画のドラマの中でべきです。自身の丈夫な風格以外、彼らの手首の間でまた(まだ)いつも1枚の硬骨漢の風格の腕時計をつけて、この腕時計が彼らの硬骨漢をのは如実で更に鮮明でした。

スタローン

Richard Mille RM032 Tiは自動的に鎖の時間単位の計算の潜む水道のメーターに行きます

毎一部《決死隊》は中スタローンはでも1枚の目立つ手首の上に装備があります:第一部は中傑の森のステインの森がつけるとような盛んな刺し縫いする海PAM332時間単位の計算が時計を積み重ねるので、第二部は中盛んな刺し縫いする海PAM382青銅の腕時計をつけるのです。第三部に着いて、スタローンつける腕時計は2つまで増加して、1枚の盛んな刺し縫いする海以外、新しく加盟するRichardMille RM032Tiチタン金属は自動的に鎖の時間単位の計算の潜む水道のメーターに行って特に鏡を奪い取ります。この腕時計が少しも疑問がないのは《決死隊の3》中の最も目立つ1枚で、スタローンが特にダイダイ色の腕時計のバンドを替えた後に、各式のポスターの中でしきりに現れるだけではなくて、映画の中で更に真っ先に登場します。

シュワルツネガー

Bell&RossBR01シリーズの時に計算して時計を積み重ねます

シュワルツネガーは骨董級の硬骨漢として、ヘリコプターは慣れて機関銃の火力を頼んですべて開いて、神の兵の日のようだ下がります。たとえただとしても慌ただしく何秒、同様にこの丈夫で比類がない正方形の腕時計Bell&RossBR01シリーズを捕まえて、そしてこのモデルがBR01―94チタン合金のとても軽い時間単位の計算が時計を積み重ねるのであるべきなことを推測します。

補充したのに値するのは、シュワルツネガーの自身は個がよく人を表すので、スクリーンの中でずっとつけたのは相手の表した皇室のゴムの木のオフショア型シリーズが好きなのです。《悪魔の最後の日(1999)》《ターミネーターの2(2003)》と最新の映画《駆逐盤》の中がすべてこのシリーズの異なる限定版の腕時計をつけたのだであろうと。