ハンカチの瑪の強い尼は魂を奪って魂の“万華鏡”、“マツの木”と“さざ波の紋様”を撮影します

ハンカチの瑪の強い尼は今にきわめて少数が全く単独で製造する優秀な時計のブランドの中の一つを実現するので、その魅力は骨董の時計と機械的な修復にあるだけではなくて、更に現代表を作成する技巧のが完璧に現れるのにあります。2016SIHHの時、ハンカチの瑪の強い尼の出すとても複雑なToricシリーズの腕時計は時計の愛好者の一致する名誉を引き起こして、異なる手作業の芸術と美学設計を通じて(通って)、この異なる時計の文字盤の絵巻を創建し営みだします。

これ称させられて“万華鏡”の腕時計の最大の特徴あります時計の文字盤中央と飾る従う3聞く設置するスタート回転する振り回す、人を魅惑する万華鏡の効果を作りだして、人に夢まぼろしの立体の視覚が経験するのをあげて、思わず持ってきて人の寝つく光学の効果を催促します。まばゆいハマナシの形の装身(装飾)具は円弧の造型のを採用して構成を貼って、一連の技術を通って透かし彫りでと手作業の面取りがなります;下の金の質の時計の文字盤は手作りの製造するグリッド形の刺青で装飾して、そしてめっきして黒金があって、くねくねと続いて旋回してまるで腕時計の中央のハマナシの形の装身(装飾)具の中から延びて来ます。

松柏のようにいつも存在している寓意は活力がと不朽で、ハンカチの瑪の強い尼の表を作成する大家は巧みにこの図案を時計の文字盤のの平方寸の間で濃縮して、とてもすばらしいのが埋め込みするを通じて(通って)技術を貼って枝と幹、縮れている結び目と針の葉をしたたってい最も送って時計の文字盤の上、と同時に精致で非常に細かい彫刻工芸を結び付けて、針の羽根付け根の根に明らかで甚だしきに至っては、は針の葉の間の小さい隙間も人の自然でよく動く印象と感想にありありと目の前にあるようにならせるの、全体に現れます。

静謐な水面の広がる幾重にも重なり合うさざ波、自然な美学だのも霊感のが溯るで、ハンカチの瑪の強い尼の表を作成する巨匠は手作りを採用して技術を彫り刻んでToricシリーズの腕時計の上でこの人を魅惑する立体の景を創造して深く感じます。時計の文字盤の上で1本の波紋がすべて手製で彫り刻んで、つち打ちはなって、時計の殻の設計さえ円形の刻みを採用してとたぎって装飾を使って、まるで波紋は広がり始めます。