チャーチルはとその一生のブレゲNo.765に伴います

イギリスの首相のウィンストン・チャーチルは1928年にブレゲに自ら臨んで腕時計を買っのでことがあって、1枚の通し番号はNo.です765のブレゲの腕時計は更にそれ一生に伴います。この並外れている時間単位の計算が時計が3配備するのを積み重ねて時間を知らせてと飛んで秒針機能に帰りに聞きます。チャーチルは過去何回もそれをブレゲに返して保養して、それは気持ちを特に可愛がって言うまでもありません。1人の偉大な政治家と演説家として、チャーチルの政治の上のは誰の目にも明白です。今回のイベントの書物はチャーチルの手稿の真筆と現場の講演のオーディオの資料を展示します。きわめて面白いのは、展覧の中でラジオを書物中で象眼して、来賓はそっと対応する押しボタンを押してすぐチャーチルの偉大な講演を耳にするのでさえすれ(あれ)ばことができて、政治の指導者の盛んな気勢と偉容な心を経験します。

ブレゲの創始者として、おじさんはめったにない–ルイ・ブレゲ先生を引き延ばしてそのために不朽な魂を注ぎ込んで、ブレゲの誕生は時計界の奇跡のようなページを開きました。2つの多い世紀来、全世界の時計の愛好者はすべて談論ブレゲの時計算して、それの大幅な革新は発明して、美学に対してしっかりと守る準則、設計の中で保留するすばらしい元素のあらわした古典の気持ちは世間の人のために特に可愛がらないものはありませんでした。ブレゲはその絶えず改善した表を作成する技術と一度も停止してない革新の創造力で絶えずハイエンドの表を作成する業のを推進していて前進します。しばしば経験して時間の推移してと試練、ブレゲは音声がない分秒間沈積の次の奇跡の出現で時間の目撃証言者と開拓者、になります。