ロレックスの第3世代のMilgauss 116400

ロレックスの第3世代のMilgaussは116400で、今の市場売る“電気針をよける”で、その中の緑の面と青い面のなぜかというと使う緑色のガラス、俗称の“緑のガラス”です。

116400は2007年に出たので、第二世代の1019まで、中間は速い20年に間隔がありました。116400がその年ちょうど出る時、ラシットオレンジのが電気針と緑色のガラスをよけるのがとてもよく見通しがついて、独特なため、ちょっと値段の炒める高を。それから数年に至って、ゆっくりと正常な市況を回復しました。116400はぴかぴかに磨いて小屋を表しを引き続き使います。同時に棒状のポインターを使って細長い形の夜光時にと表示して、電気針と盤面の上のMilgauss字母をよけてすべてラシットオレンジをつくりました。116400は依然として31XXシリーズのチップ(3131)まで(に)磁気を防ぐ内コク、チップアップグレードすることを使います。116400の使うロレックスの31XXシリーズのチップは青いニオビウムの空中に垂れる糸があるため、チップの自身は磁気を防ぐ能力があって、その上磁気を防ぐ内コク、実際に磁気を防ぐ能力はもっと前にすでに1000ガウスを上回りました。国外にテストを行ったことがあるプレーヤーがあって、今116400の実際の磁気を防ぐ能力を推測して7000ガウスに達するのが甚だしきに至ってはもっと高いことができます。

116400のこの時計はみんなはすべてとてもよく知っていて、私の唯一重点的にヒントを与えたい1時(点)は、緑のガラスを買って注意して鏡映面をしっかり保護して、なぜかというと緑のガラスの鏡映面はぬきんでて一層小屋を表すのと、二つは緑色のガラスコストは普通は表すガラスの高に比べて、たたきやすくて、たたいて新しいのをかえる比較的高いです。以前は私は1匹の緑のガラスがあって、油断してガラスの側面をたたいたため、1つの傷口をたたきだして、最後にちょっと考えて、(私を表してきたもう一つのがただ思い切って割愛するだけを大いに飛ぶので、私にうっかりたたかせたためで、ちょっといくつか人たたきだして、だから各位は必ず)に注意しなければなりません。