バセロン・コンスタンチンははっきりと1モデルを空リストの殻に彫刻して“すかし彫り”と言います

バーゼルは表してパテック・フィリップの注目されない所のモデルが現れて、サイドオープンの腕時計のすかし彫り加える磨き上げる加える彫刻最も食べる手工バセロン・コンスタンチンMétiers d’Art(芸術の大家)のMécaniques Ajourées彫刻する機械を彫るシリーズの腕時計バセロン・コンスタンチン初めて試みるクラシックに対して自制するチップ彫刻する彫る処理。数百時間の精密なワシが細くてチップに優雅で軽薄な外形を与えるだけではないをの磨いて、かつ最も十分にそろっている機能を完璧にその中に溶け込みます。4400の誠実なチップの上でみごとにおよそ半分の材料に掘っていきます。彼ら古い手製での彫刻芸術の上でまた木の新しい一里塚。やすりで行って手製で面取りを磨き上げると前に、師が捨てて以前小型ののこぎりでメインボードと添え板の方法を彫刻するのを彫刻して、一心にそれによってチップの全体の円周面が本当に立体でかっこいいのの、を製造して匹敵する作品のチップに彫刻・塑像を作りを彫刻します。