URWERK:腕時計は主なのを表して長い間伴うと

単独で表を作成する師の最大の特徴はしたい放題して自分の自由奔放な設計(当然な売れない日が過ごしにくい)をするの、しかし相対的にいって、マイノリティーをしてしかも特色が、が鮮明だアイデアのがあることができるのは傾向です。

みんなはこのUR-111Cを見て、一目で眺めても腕時計に似ていないで、しかし付けるのもとてもおもしろいです。

URWERK2人の創立者FelixBaumgartnerとMartinFreiはずっと心を奪われて探求するに主なと腕時計間のインタラクティブを表します。FelixBaumgartnerは思って、高級の機械の時手で計算して、楽しみで、機械的な概念が計略と解けて疎通がインタラクティブなことができます:“機械は表してもっと高い知能初めの階段のようで、体の1部分になって、あなたの動作は運動エネルギーを提供して、時計算して時間の情報を返報して、交換するようです、よくあなたの腕時計を配慮するのでさえすれ(あれ)ば、それは恒は止まらない長い連れからだに動いて寄りかかります。”

話し出す詩の境地の、私達が見てみてこの時間が一体どう見るとよいです。

まず、それは鎖に行ってよらないで冠を表して、ひとつのが組み込んで殻面、との上で鎖の柄軸の平行する陥れる紋様のロールを表すので、親指でロールに動いて鎖のことができたのを回りました。

時間を設定する装置も革新のです:伝統は冠を表して学校を加減するのを引き出すので、このブロックリストは殻側を表してから取っ手を引き出すで、それからローラーを前に向かってあるいは後ろへ回転します。

端を表すのは殻の下で時間2種類の分と表示するのです:左側は字の時間を跳ぶので、中間はコールバックの直線の分が表示するので、右の方式の分に転がって表示するので、はっきりさせて時間が難しくなくなったのを見ます。