どうしてみんなは家の入口が贅沢品を買いを始めますか?

…が、中国人はとても消費して依然として境界線の外にある大部分の贅沢品があって、しかし今年各大贅沢品グループはすべて1点に言及しました:中国人の消費の逆流も明らかです。LVMHグループは財務報告の中でまた(まだ)特にLVとDior2つのブランドで例として説明します。

客研究院を要して《2018中国の贅沢品のリポート》も言及していて、2018年に中国人の境界線の外の贅沢品は増加を4%消費して、国内は17%増加しました。

大概は去年から、たとえ私の1人の500人の小さい群中でとしても、すべて明らかに国内の贅沢品を買う割合が上昇しているのを感じます。みんなの討論した場所はすでにパリ、ミラノ、中国の香港から北京、上海甚だしきに至っては杭州になりました。

この背後は多くの原因があって、ウサギは自らの経歴と線の下で調査でみんなにちょっとしごくように手伝います:

1,それとも最大の原因は贅沢品のこの10は数年来値段のひらきが縮小したのがとても明らかで、これは大きい基礎です。
2,税関を過ぎて高額の税のリスクを補って、多くの人にもう冒険的なことを願いありません。
3,境界線の外は旅行して最初のショッピング遊から次第に深さになって遊を享受して、多くの人は買い物をしを負担たくありませんとして。
4,贅沢品の需要に対してより多く便宜とサービスを渇望します。

実は持つのが自分で例(私と同様に多くの考えの人がある)で、たとえ香港空港でシャネルのかばんが2000元近く安くなりを見たとしても、私は依然として家族の口に帰って買います。

その中の原因がたくさんで、たとえば軽装が家に帰って、私と販売する緊密な関係、未来を引き続きつなぎとめて優先的に欲しい製品を獲得して、気楽にのびのびしいつでも一面に個を試みることができます機会がある……贅沢品の体験の各部類は通じ合っているのです。

当然で、一部の人がまだいるのは小さくしかたなくので、たとえば多少人気があるモデルは代理購入を探して値上げして自分のお利口さんの国内まだ並ぶほうがいいです。