シャフハウゼンIWCの手を携える北京の国際映画祭は中国の映画界の新生代に協力します

2017年4月18日、北京――シャフハウゼンIWCと北京の国際映画祭(Beijing International Film Festival)はまたつやがある影の前世の因縁を継続して、第5度は“For the Love of Cinema”(時間伝承・愛の映画をとる)のIWC映画業界の人の夜の晩餐会を主催して、支持の中国の映画の新生代。多い有名人と貴賓は北京で太廟の催す盛大なイベントに出席したのを招かれて、その中は金の像の影の後でIWCのブランドの大使、金馬周迅を含んで、および獲得して2017年にアカデミー賞のノミネートする傑出しているイギリスの映画俳優、IWCのブランドの大使が夫・Patのなんじの(DevPatel)をつけます。その夜の多い輝点の中の一つとして、青年の映画監督の曾国祥は“IWC年度の傑出している青年の映画業界の人の大賞”を獲得しました。

映画の芸術と高級が表を作成して皆ストーリと感情をめぐりに努めて、個人の創造力を発揮して、優秀な作品を製造します。共通の理念に基づいて、シャフハウゼンIWCはここ数年来すでに全世界の多数の有名な国際映画祭と展開して幅広く協力します。中国は2017年にあるを世界最大の映画の市場になると予想して、とっくにIWCの映画の業界での重点にもなって協力しました市場。そのため、IWCは連続5年担当して威信の北京の国際映画祭の政府のパートナーに富を極めます。赤い毛布の上が輝いているを除いて、IWCはずっと持続的に中国語の映画の発展に関心を持って、特に中国の映画の事業の積極的な影響に対して若い影人の努力に気づきますと。“並外れている素質と豊富なアイデアの霊感に頼って、中国の映画業界の人自信満々で、絶え間ないで世界の映画界で創造する一つ又一つと光り輝きます。北京の国際映画祭の政府のパートナーとして、私達は自ら中国の映画業の飛躍的にを目撃証言して発展をうれしく思います。”シャフハウゼンIWCの最高マーケティング責任者の範思佳(FranziskaGsell)のレディースは言います。

映画祭政府のイベントの一部分として、IWCIWCの北京紫禁城の以外の太廟が催して“For the Love of Cinema”(時間伝承・とって映画が好きだ)の映画業界の人の夜の晩餐会といいます。今年のテーマは突然青年の影人を現して中国の映画業に対して盛んに発展してした努力、および中国の悠久の映画の伝統のが伝承するのに対して。晩餐会の設計は十分にこの核心テーマを体現していました。貴賓達は中国の特色の紅毛布区を高く備えてから現代思う十分な晩餐会の現場に向かいます。有名な照明のデザイナーの夏維爾・譚(JavierTan)の設計する演劇性の照明のトンネル、この2つの現代的センスをまたがり越える地区を完璧につながります。多い映画界の先輩の人と青年の影人はいっしょに赤い毛布に足を踏み入れて、共に時間伝承する美文を書いて、その中は有名な監督、役者の陳建斌、蒋のとてもまめな夫妻、新生代の役者の陳と柏の長雨、張もしyun、張鈞ningと“ミス・ワールド”の張梓琳などを含みます。

その夜の一大の輝点は“IWC年度の傑出している青年の映画業界の人の大賞”のが公布するので、この賞は青年の影人の努力と素質にピントを合わせるのを目指して、支持の若い世代の映画業界の人の発展。受賞者の青年の映画監督の曾国祥は映画《7月と落ち着いているの》に頼って広くて称賛を受けて、中国語の映画界の新しい力の傑出した代表です。IWCがまた(まだ)曾国祥を贈って1枚が時間伝承するIWCのポルトガルのシリーズの自動腕時計が凝集して、きんでている青年の影人を表現するために喝采して、IWCを表現して中国の映画についてこれまでと少しも変わらない支持するのが無限なのと願います。この腕時計の味わいがあって優雅な設計は完璧に1930年代伝奇的なポルトガルの時計算するすばらしい魅力を伝承して、スイスの表を作成するクラシックと革新する手本の佳作で、あたかも中国は百年映画の伝統のが踏襲するの、およびに対してあたかも映画の芸術の倦まずたゆまずの追求についてあたかも若い世代の中国語の影人のもようです。

晩餐会の席上、交響楽団はアイデアの方法をひとつだけ持っていてクラシックの中国の映画を演繹して音響効果を加えて、出席する客のために震撼する見聞を持ってきて享受して、文化に対して精鋭を表現して伝承します。有名な歌手の張liang穎の深い情のは捧げて歌って、晩餐会を高潮に推し進めて、本心ですべての中国語の影人をあらわして映画のがとりに対して気持ちが好きで、共に1人の忘れがたい映画業界の人の夜を分かち合いました。