まばゆい宝は相手のミレニアムのシリーズのオパールのえこひいきの時計の文字盤の腕時計が好きです

女性の腕時計の魅力は機械的でまばゆい真珠や宝石を互いに結合するのにあって、最後に現れて完璧だになったのは臻の宝に着きます。今年、相手の(AudemarsPiguet)が3全く新しいミレニアムのシリーズのレディースファッションの腕時計を出したのが好きで、その中のオパールのえこひいきの時計の文字盤はモデルを表してとりわけ注目します。オパールの材質を運用して時計の文字盤設計を溶け込んで、時計の文字盤すべての角度からすべて異なる魅力を配っています。(型番:77244OR.GG.1272OR.01)

これは18Kバラの金の材質で作って殻と腕時計のバンドのミレニアムのシリーズの腕時計を表して、今国内の売価は人民元の393、000の元です。異なって相手の一貫している設計の風格が好きで、このミレニアムシリーズの設計は考えと更に伝統を打ち破って、横方向の楕円の造型の表す殻はミレニアムのシリーズの最大の特色の中の一つで、相手がこのような殻の形のために特に楕円形のチップCal.を設計したのが好きです 5201,そして9時に位置は独立する並べるのを採用して添え板設計に順番に当たって、更に際立っている女性のつける者の独立の個性は大いに流れたのを追求しないで味わうと。

私達は本番図の中から見ることができて、えこひいき設計のは幸運でオパールで主に元素を設計するとして設計して、時計の文字盤の中央の小さい秒の皿に位置するのは精巧で新しい意義があります。オパールの材質はすべての角度はすべて開放する異なる彩りだで時計の文字盤を譲ることができます。全体の設計のためにもっと多いのしかし変性とアイデアを加えました。オパールはえこひいきする時、時計の文字盤と小さい秒間の時計の文字盤に分けて、バラの金のポインターによく合って、すべての細部はすべてはっきりと示していてずば抜けている表を作成する技術と相手の誠意が好きです。

異なる角度は異なる光沢のオパールの時計の文字盤が現れます。“霜の金”が殻の採用したのを表すのは声がかれてつやがある処理の技術と金の技術をたたくので、このような技術は手首が殻のを説明して技術を磨き上げる中でよくないで、これが技術が実施の時で表を作成する職人のレベルについてもっと高いをの求めるためで、力度はほど良いをの掌握するかどうか、バランスが取れているのがすべての細部をうまく処理することができるのは表を作成する師にとってすべて容易ではない。

このミレニアムシリーズの腕時計の表す殻の厚さは9.8ミリメートルで、殻の直径のを表すのは39.5ミリメートルで、大多数の女性にとって、このような大きさが本当でちょうどで、腕時計のが必ず存在して思いがありを保証する時またつけていて思うもっと心地良いです。

この腕時計の腕時計のバンドに話が及んで、ポーランドは腕時計のバンドを編んで、外見が似ているスプリングの細長い金糸を採用して、双方向鎖形の構造を通じて(通って)編んでなって、また手作業のから、溶接と組み立てを切断します。ミラノの腕時計のバンドと異なって、ポーランドが腕時計のバンドの構造を編むのは更に複雑で、もっとコンパクト、つるつるしているのに見えて、心地良い感は更に良いです。

このミレニアムのシリーズの搭載するCal. 5201は手動で相手が独占で設計して研究開発して作りが好きだから鎖のチップに行きます。方法をひっくり返して平日隠れて見えなくなりを底のふたの下のチップの顔で時計の文字盤の上でで現れるのを採用して、最少の49時間の動力備蓄物を提供します。