25周年紀念版のランゲLANGE1はどのような違いがありますか?

つい最近、私達はいっしょにランゲLANGE1シリーズの以前の25年(25年の並外れている本領のランゲLANGE1腕時計)を振りかえって、この4分の1の世紀の中で、LANGE1はランゲ復興する全体の過程を目の当たりに見て、その時いっしょにランゲの改めて発表されるあれらの“パートナ”を目撃証言して、あるものすでに視線がフェード・アウトして、あるものすでに生まれ変わって、25年来初対面で意気投合し旧知のようなLANGE1腕時計がしかありません。2019年はランゲLANGE1シリーズの発表される25周年で、1年に1度のジュネーブ高級時計サロンの時、ランゲは25周年紀念バージョンのLANGE1腕時計を発表して、敬意を表してこのブランドのシンボル的な作品、思わず同じく人に最初のランゲを思い出させます。

LANGE1の25年もランゲの25年です

1989年、ランゲのブランドの創始者の第4世代の継承者のワルター・ランゲ(WalterLange)はついに薩克森州に帰って祖先の事業発展の基礎を盛り返す機会があります。当時薩克森州の制表工場は多く生産して市場の中の普及品に迎合して、技術の表を作成する師といたずらにようやくいくつかのがようやく発揮をも得ることができることができないある経験があって、ワルター・ランゲとそのパートナの君の特・布と呂とLane(GラnterBlラmlein)などの人は今日の創業者の普通のすべての情のようだ投じて、資金、技術と市場の次々と重なる試練を経験して、1994年10月24日に運命を決定する時間を迎えました――第1陣の4モデルの時計はドレスデンの王宮内で出して、作った123の腕時計が完売する時、ランゲは再度その歴史の上で光り輝くランゲになりを運命付けます。このようなシーン、その時のランゲにとってもとても今日の創業会社はついにみごとに発売するようです。