ブランパンGTシリーズ試合の10周年の2018ヨーロッパはシーズンにイタリアで刺して幕を開けるのをだまします

4月21日―22日、ブランパンGTシリーズ試合(Blancpain GT Series)のヨーロッパはシーズンに幕を開けます。イタリア蒙扎国家の自転車競技場(Autodromo Nazionale Monza)の競争路のスタートするオンライン、53台の競技用の自転車は始めるのを待つばかりであって、ブランパンの耐久力シリーズ試合(Blancpain Endurance Series)の第1ランドの試合中で激烈にたたかいます;3万数人の観衆は出席して応援します。同時に、ブランパンGT競技用の自転車のクラブのチャンピオンシップも初めてだますに競争路の激情を刺して上映して、17名は運転手を競って今回のチャンピオンシップの初めの試合に参加しました。今回の2018シーズンの開幕式の上で、ブランパンが更に盛大でブランドGT試合に参与する10周年の祝典のイベントを開催しました。

ブランパンの耐久力シリーズ試合(Blancpain Endurance Series)

ブランパンGTシリーズ試合はブランパンとSRO競技用の自転車会社(S固定記憶装置otorsportsGroup)から2011年に共に設立して、現在すでになって世界で程度の最高なGT試合に参与します。今年、耐久競技の初めの試合は3つのグループに分けます:専門チーム、専門―業余チームと業余チーム。3つのグループの競う運転手の3時間続く第1ランドの試合中から来て観衆のために持続的に絶え間ないのを持ってきて恐怖感を与えてと体験を刺激します。1番のアウディR8LMS競技用の自転車と2台はトップの地位の梅賽徳斯AMGGT3(それぞれ3番と4番のため)があって最後の決戦中で優劣をつけがたくて、最後に試合している最後の一サークルが柔軟な策略をとるのため真っ先に終点に到着します。ベルギーアウディクラブ車隊からのクリストファー・麦のこの(ChristopherMies)、阿暦克斯・リベラ斯(AlexRiberas)と独ライス・一般にソル(DriesVanthoor)は1番のWRT競技用の自転車を運転してチャンピオンの肩書きを獲得して、43番の梅賽徳斯StrakkaRacing競技用の自転車のイギリスチームを運転して第2位に位置して、第3位は4番の梅賽徳斯の“黒色のタカ”の競技用の自転車のドイツチームを運転するです。今回が郷試に合格して刺すのもアウディチームのブランパンGTシリーズ試合の歴史の上で得る初めてが勝利するなことをだまします。

耐久力シリーズ試合の賞を与える台

“銀のカップ”競う(SilverCup)競技場の上で、エミール・から来て弗アカザ(EmilFreyRacing)の試合車隊の競う運転手達が54番のジャガーG3競技用の自転車を運転しないで、完璧に表現して試合中で優位に立ちに頼ります。専門―業余チームの試合中で、333番のフェラーリの488GT3競技用の自転車の納爾迪車隊(RinaldiRacingTeam)を運転して運転手達を競います第1位になる。89番の梅賽徳斯AMGGT3競技用の自転車のAKKAASP車隊則摘得業余チームの試合のチャンピオンを運転します。