基本的な構造ユニットを通じて(通って)深く突っ込んでチップを理解しに来るのがどうして運営したのです

一、もと動係:もと動係はぜんまいの発生する弾力性の位置エネルギーをしっかり付けてエネルギーとして貯蔵し始めるでしょうで、チップの正常な運行中で、ぜんまいはまた弾力性の位置エネルギーを機械的エネルギーのために放出して、それによって輪列を動かして回して、そして振動システムを維持して衰えて振動しないで定期的にそれにエネルギーを補充して、同時に表示係と付加の機関(カレンダー、周暦、カレンダーなどの機関)のスポーツを動かします。

二、伝動する輪列:機械式ウォッチのもと動係はその後ぜんまいを十分補充するに釈放まで(に)全く一定継続の幸運な時間があられて、もと動係とエスケープの間がひとそろいの伝動する輪列を加えのでことがある後で、一回がのを十分補充して勤務時間を続けるのを延長することができます。その他に、伝動する輪列はまた(まだ)振動システムを代表するのを回数の雁木車(エスケープの構成部分)の曲がり角に振動して一定値によって伝わってポインターの結ぶ時の車輪、に車輪と1秒の車輪に分けます。

三、エスケープ:エスケープの効果は輪列の順次伝えてくるエネルギー定期的に、を法則があって振動システムに補充するので、それを維持して衰えない振動を行います。それ以外に、それは振動システムの振動回数に対して正確に計算して、雁木車のから秒の車輪などの歯車コントロール表示係を通じて(通って)、時間をはかる目的を実現します。

四、振動システム:機械式ウォッチは並べて振動システムとして空中に垂れる糸に順番に当たりを採用して、もしも空中に垂れる糸の振動システムに順番に当たって一回のすべての振動の必要な時間(振動周期)を完成するのを並べるのを確定して、そして計算しだして回数に振動して、それでは、このように何度も経験した時間に振動して振動周期が掛けて回数に振動するようで、つまり:時間=振動周期×は回数に振動します。

五、表示係:表示係は時間を指示したのに用いるので、バックギアが動かしに来る時車輪を通じて(通って)車輪に分けて、車輪と時間に順番に当たる伝動比に分けるのが一定ので、すぐ分けて12周くるくる回った後に、時くるくる回ったことがあって一サークル、秒針、分針と時計の針はそれぞれ設置して秒の軸、分の車輪との時順番に当たって、時計の針を形成して12時間ごとに一サークルを回転して、分針は毎時間一サークルを回転して、秒針は毎分一サークルを回転します。

六、上條は結びます:上條の結ぶ効果はもと動係にエネルギーの機関を送り込みをあげるので、それは手に分けて鎖に行って自動的にと2種類鎖に行って、その中が自動的に鎖に行くチップに付いているのも同時にただ手が鎖のその構造に行くのが更に複雑なことができるの、かつ自動的に鎖のチップに行って鎖と双方向の上で2種類また(まだ)鎖を細分して一方の上にになることができて、いわゆる単に双方向は指すの順時計方向あるいは反時計方向の中で一方的に鎖機関に駆動することができるのがまだ双方だへに回転する力のモメントの自動金槌のモジュールを提供するのを担当するのです。

七、撥針係:撥針係のはポインターの使う機関を弾くので、ただここが説明するのが必要だのがこの機関の定義でただ弾くのではない時分針、また(まだ)含んでカレンダーと周暦盤などのようだチップの搭載した付加の機関の表示するの一部、弾くのです。
以上の基礎のチップの7つの部はグループに分けて完全なチップの伝動するチェーン、みんながそれらの間の接続関係およびそれぞれにチップの中で果たすことができる効果をしっかりと心に刻みを望みます。これは私達について後で腕時計を買ってこの上ない助けもあります。