“時間が愛がある”は下手な字を書いて大会を招待します

下手な字を書く芸術の招待試合は2016から、すでにみごとに2期催しました。今期の大会は専門の下手な字を書く芸術家の現場の作品を招待して、時計の文化を下手な字を書いて芸術の形式現れ出ます。6月21日、第3期の時間の文化の下手な字を書く芸術は大会に授賞式を開催するように招待します。

イベントの時に、現場は特に時計DIYインタラクティブ区を設けて、多い市民と子供に現場に来てイベントに参与するように引きつけて、車台からポインターを設置するまで(に)制作して、単独でただ自分に属する時計を作りだします。

その外、現場の観衆の強力に支持したのを受けて拇印大会に勝るものはないで、クールまぶしく刺したのは紙を貼って装飾を行って、また撮影技師に1組の米をたたいてうつさせる、現場の観衆にすべて1回の拇印になられました。

“時間が愛がある”の公益の基金の芸術の巡回展

6月22日―25日、時間は芸術の公益の基金の手を携える深セン時間文化週間が好きなことがあって、深センで会議・展示センターの1番の館は“時間と芸術”のテーマの芸術の巡回展のイベントで催して、子供達の愛を展示して描いて行います。現場の愛の人は次から次へと義を行って買いを描きに参与して、支持の芸術の公益。
それ以外に、6月13日に―30日にまた(まだ)深センセンター城広場が2016―2018年下手な字を書く招待大会の上に18人の国内外の芸術家達のを展示して下手な字を書く受賞する作品、同時に時間を結び付けて概念と時計の文化は、人々に新しい時代の時間の文化が現れて、人々を提唱して時間を大切にします。