フランスの腕時計のブランドのヘルツのベルリンの事に関して

1.小鎮の伝説

ヘルツのベルリンは連続70年の表を作成する歴史を持って、そしてこれは全体時計界でも多くなく会います。ヘルツのベルリンはジュラ山脈の谷の10だけkmの遠いフランスHauntDoubs地区Charquemont小鎮までで創立して、スイスと表を作成してと1脈を出します。甚だしきに至ってはフランス本当にの表を作成する源、多分知らない人がいて、スイスの最初の表を作成する職人はすべてフランスから移って向こうへ行ったのです。

2.真珠の元素の偏愛に対して

ヘルツのベルリンの真珠のシリーズの完璧な解釈は、女性の優雅で美しいのを際立たせました。腕時計のバンドの不便なこととして真珠の貴重なのを考慮に入れておよび、ヘルツのベルリンはナノを採用して金属を売り払って、それを真珠の形に磨き上げて、真珠の形の米を結び付けて、またつける心地良い感と便宜性を保証しました。

3.フランスでの地位

フランスで、ヘルツのベルリンは国民全体の全て知っている中級品のエレガントの腕時計のブランドで、いつも30%の市場占有率を維持していて、フランスで700ぐらいの商店のヘルツのコーナーを全部で、パリ区に百社のコーナーがあって、十分に1ヘルツのベルリンのフランスでの知名度と国民の好感度を表示しました。

4.制作技術

ヘルツのベルリンはひとつの腕時計だとを製造する時すべてフランスの最も苛酷な表を作成する技術を採用するので、ひとつの腕時計の組み立ての過程は62項のテストとコントロールを含んで、数を数えにくいのを通って方成の貴重な品を磨き上げます。腕時計設計、手作業の製図、コンピュータの製図から腕時計の製造、生産、測定などの仕事まで(に)すべて1ヘルツのベルリンで作る労働者の仕事場から行うのです。

5.赫ベルリン一族のマイノリティーの趣味

赫ベルリン一族は航海の帆船運動を心から愛して、毎年でもヨーロッパの重要な航海の試合を催すか賛助します。Herbelinは幸運にも2012年の“遠征科中オリー”の政府のサイクルコンピュータになって、それ時間単位の計算とデータ処理の方面で長年の蓄積の経験を今回の遠征の中で運用して、確保してこの航行になって精確ですばらしい時間単位の計算サービスを提供します。同時に、優越している腕時計技術で防ぎ止めて航行の中の極めて悪い環境とつかめないの気候で変化して、だから冷酷な万年の氷河と広い海洋を征服します。