全て潜んで隠れて心を静めて万物創造の神力に光り輝きます

なんじの谷間、世事を担当して変えて、もし歳月流れるに関わらず、一度も痕跡を残すようでなくて、ジャガー・ルクルトの大きい労働者の坊の表を作成する大家と技術の大家、彼らはこの専念する忠実な志、技巧と美しい世界で中で思いきり駆け回る、絶えず伸ばすその境。長くてひっそりとしている歳月の中で、万物創造の神力者達は専念してあらゆる天体、朝日の夕焼け、咲き乱れる花の茂っている葉、ウグイスの燕のカワセミを経験します…自然の中から続々と絶えず霊感をくみ取って、自然だについてを表を作成したのが真心をもって濃縮するのと平方寸の間まで(に)。

なんじの谷間の第一の大きい労働者の坊として、創立する初め便はすでに複雑なチップの限りがない探求に対して始まりました。1907年の時、すでにその時の世の中の最も薄いジャガー・ルクルトの145型のチップを作って出して、1929年の出すジャガー・ルクルトの101型のチップ、世の中の最小の機械のチップ。1890年代から、ジャガー・ルクルトは続々と全く自制するきんでていて複雑な時計のモデルを出して、傑作は枚挙にいとまがなくて、飛行する陀はずみ車、球形陀はずみ車を独占した、両翼装置、万年暦、時間単位の計算のストップ・ウオッチ、3が聞く、よく響くする装置、みごとな音響の時に、15日の動力の貯蔵など複雑な機能。

大きい労働者の坊はかつて挑戦を停止することがなくて、絶えず並外れていてきんでているのを捧げて行います。百年1日のようです、専念する万物創造の神力、思わないでつぶす時、便は大きい労働者の坊の表を作成する大家達がしばしば経験して歳月の洗練されている万物創造の神力の目覚めるのです。