ブレゲ時計:再会ルーブル、百年続く情誼

体を持つために、深い歴史と文化を伝承や先端技術の時計ブランド、ブレゲ賛嘆の創造能力を備えてき。ブレゲでヨーロッパ文化史上の功績は非常に創造力卓然地位会社の創始者阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲさん。
1747年、阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲスイス纳沙泰尔が生まれ、その一生はほとんど全てパリ時間で過ごして、まさにパリで、彼は多くの重要な作品を作り出す時計:3問表の専用打バネ糸遊、払い下げナポレオンの史上初の旅行時計や、1801年からフランス内務省の特許の取得認証の陀フライホイール変調器。
ブレゲ当時の科学、軍事、金融や外交の俊才盲に杖の時計職人、ヨーロッパ皇室もブレゲ時計惚れた。ブレゲをデザインしたいくつかの尊い顧客様々匠心独运の時計、中でも法王ルイ16世と皇後メアリー・アントワネット(Marie-Antoinette)。
阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲ集多くの栄誉を一身、彼を任された経度委員会(オフィスオブLongitudes)とフランス海軍時間測定協会(Horologyオブthe Royal French Navy)のメンバーに选ばれ、同時にフランス科学院(AcademyオブSciences)を獲得しフランス国王ルイ十八の栄誉の勲章授与。こちらは時計の芸術と科学に偉大な変革の世代の師匠は亡くなっ1823が、物語はここで終わる……