腕時計をつけるのは品位です

今の携帯電話ほとんど人手1部、どうしてやはり(それとも)多くの人は腕時計を持ちますか?今のところの科学技術はこのように発達していて、至る所すべて時間を見たので、同じくそんなことはない時間に遅れる間;腕時計の機能が単一で、道理から言えば歴史の舞台から退出するべきだのがやっと正しいです。どうして腕時計はまだ淘汰させられていませんか?

小さく編んでネット上の各道の達人の観点を総合して、総括は次の通りです:

NO.1は時間を見て、最も基本的で最も現実的なのが時計をつけて訴えるで、社交場所で携帯電話を取り出して時間が下品なことをを見て、礼儀のがありません。その他に、試験して、面接、会議のなどシーンも携帯電話を取り出して時間を見ることはできないでしょう。

NO.2腕時計、男性の手元(体)に少ない装飾品の中の一つです。これは機械のアクセサリーと言います

NO.31種伝統、機械式ウォッチは重ねを遠く離れて更新する信頼できる伴侶に代わるので、もしも人を表します。

NO.41種装飾、異なったのによく合ってシーンをつけることができます:筋肉のセクシーなスポーツが表す、コーディネート自在の休む時計、細かくて薄い正装が表す。

NO.51種個性の展示、腕時計の異なる風格によって、外部に対してあなたの性格、趣味を展示することができて、同好者の友達まで(に)渡します。

NO.6腕時計=は時間+が飾りを見ます;指輪、ネックレス、チェーンブレスレット、イヤリング、これらのもの機能が腕時計より更に少なくなったのが同じです。やはり誰(で)も殺到するのを譲るのではありません。