伝奇は出航して時代の芸術の騒動に引率します

モバードの誕生は1881年のスイスの拉夏徳芬(La Chaux-de-Fonds)まで(に)さかのぼることができて、創始者の阿奇爾・迪茨希姆(Achille Ditesheim)は並外れているアイデアと鋭い芸術に頼って感じて、とても短い時間の内で最初を発展するのが業の内で有名な腕時計の製作会社になった6人の制表会社がしかなくて、更に1905年にアイデアの並外れている設計万国博覧会に頼る上に金賞を勝ち取ります。その年、会社は“MOVADOモバード”のこの新しい名前を使いを始めて、“MOVADO”のエスペラント語(Esperanto)の中の意味は“永遠に動いて止まらない”(Always in Motion)で、中から同じくブランドの創始者の迪茨希姆会社のために制定した使命まで(に)見通すことができて、1つの賢明なのが選ぶのだとも証明させられます。

1947年、有名な米に出て芸術家のネーサン・ジョージ・霍威特(Nathan George Horwitt)の手のモバードMuseumを敷きますか?博物館が数字の時計の文字盤設計がなくて現代主義の手本だと誉められて、そして1960年にニューヨーク現代芸術博物館に秘蔵させられて、史の上で少数の特別の光栄にこれを得る時計の文字盤の中の一つになって、“博物館が腕時計を秘蔵する”の名誉をも派生しだします。彼は時計の文字盤の上の数字の目盛りなどの元素を捨てて、ただ保留するだけのが正午の太陽の位置の金色が少し丸くてと地球の運動するポインターを暗示するのを象徴して、完璧に時間を解釈したのが地球がその軌道に沿って太陽の運行する位置をめぐるで、果てしない宇宙の黒色の盤面が入り乱れて輝きを象徴するのと、十分に前世紀の20年代のかばんハウス設計学派の精髄を体現していました:質素で、さっぱりしていて上品で、実用的です。このような正午の太陽の12時は位置がただ少し丸くて設計するのを象徴して、モバードにもなって今なおのシンボル的な元素をそのまま用います。

あとでの歳月の中に、モバードはずっと芸術を革新するのとを腕時計の設計する準則として、そしてだから何モデルもが芸術の息の腕時計の作品を満たしを出しました。このような理念を設計しても多くて有名な芸術家の関心を持つ眼光を引きつけて、アンディ・肥沃なホール、ジェームズ・ローソンの奎斯特、マックス・ビルなどはモバードの腕時計を芸術のキャリヤーことがありますとして、一モデル一モデルの時代の芸術の風格を満たす作品を創作しました。