IWC Pilot Mark XVIII腕時計

2016年IWC万国の年度に更新してまたパイロットのシリーズに番になりました。パイロットの前回モデルを直したのは2012年で、もしも現在のところのブランドの六大シリーズの1年の更新一筋の週期の2度の間を計算しに来る間隔でいくらかに近くなってで、でも実際にはPortofinoこの裡は一回跳んで、達文西はまた久しく動静がないので、そのため今回はやっとこのように早くまた巡回しますパイロット。しかし実は面を販売してから見に来て、Portofinoと達文西の人気の原本でとても頻繁な更新がいらないで、比較的ブランドの家を切り盛りする製品のパイロットが市場で向かう保守的な今を回転してかえって更に表に立って担いで息を買うのとするべきで、だから今回のシリーズのが早めにモデルを直して各方面から言ってすべてその道理があります。

標識は今回のパイロットの更新基本設計が全体の製品ラインの計画に着いてすべて調整をした、その中の設計の部分の全シリーズの共通の政策短縮の3、6、9の時などいくつ(か)中から巻いた糸の上のでの時、は本来はあの数字に位置して加えて帰る、その中の12時の三角形の物が表示する前でをいちばんへりのまで(に)、今回も引き続きと数字と一サークルまで(に)退くのです。中の巻いた糸の上に数字の設計がないのは2006年のそれモデルを直してからで、つまり今回が改正するのが2006年前の様式に直して帰るので、筆者は個人はこの2種類の配置が機能性或いはで審美の上でとても大きい相違がないと思うので、でもとても古いプレーヤーにとって会ったのを笑うのであるべきです。

もう一つのが重要に改正するのが期日の窓です。’12年のはモデルを直してパイロットのすべての期日の窓都統の1割一回を3期日のあおぐ形のウィンドウズ(ただきわめてだけ少数の例外)に表示して、今回は逆にまたすべて受領メモの日本式設計(同様に少数の例外がある)を直すです;実は初めはIWCが毅然として全面的に変えたのも形のウィンドウズをあおいだこのにTopGunシリーズの中ですこぶる人気な元素がもっと大きい収益を発揮したいことができるのべきで、ただ今回のまた直した結果から見に来て、プレーヤーは恐らくやはり(それとも)この設計が一部に特殊なデザインを残しておくのが良くなったと感じます。

でもマルクのシリーズ小さい窓の様式で確かに比較的適合するので、錶面のためサイズの原本は大きくなくて、マルクはいままでずっとまた精密な鍊を米にするので、小さい窓に直して帰った後に錶面は確かに更に餘が豊かなことに会うのです。精密な鍊に言及して、今回のマルクの錶が直接おりて1mmを修理したもとても微妙です。17時錶直接一気に39から41mmまで(に)増大して、急にマルクのあのような「小さいパイロット」の味が逃げてしまうのが多くて、いつも派のプレーヤーは恐らくすべてあまり習慣でないをの見て、このような今回によって後ほどおりるのが修理する正しい方向であるべきで、でも多分1mmのが幅を改正するのがとても小さくてで、多分41mmのも見た目に良くなったのを見るので、新作はかえって縮小した本当の感は何もありません。取り上げる価値があるの今回のマルクが新しく小麦粉のバージョンを加えるので、当格の派遣するプレーヤーはもしかするとやはり(それとも)粗製の小麦粉がマルク/飛行するなこと錶のクラシックを堅持して、しかし否認できない小麦粉版もも本当にとても美しくて、しかも市場のその他のブランドの小麦粉が飛んで行軍する錶本来は多くて、IWCこの事はいずれにしてもシリーズのために競争力を加えるのです。

いいえ鏽鋼の材質/30110は自動的に鍊チップ/に行って時、分けるの、秒、期日/サファイアの水晶の鏡映面/水を防ぐ60メートル/錶小道の40mmを表示します

上1世代連続して式の期日窓はTopGunシリーズの設計から転用で、聞くところによると客室を運転するメータの中で高度計の1種類の設計を参考にしたのです。機能にとって期日本来は連続して式のをつくる必要がなくて、でもこれは直して主にやはり(それとも)審美に基づいてよく考慮するべきです。

顔立ちの上での夜光の元素が含んだ中に巻いた糸の上の4時の標識は三角形の物と表示して、このいくつ(か)の標示は印刷を使ったのではなくて、別の外分の件が取り付けたので、そのため立体が突然起こりが見られます。その他に小麦粉のモデルは採の黒い字を直しますが、でもこのいくつ(か)の標示は依然として白色のです。
新世代のパイロットがひとつのが重要にモデルを直しがまだあるのは全面的に包装(服装)を変えてSANTONIの錶持つで、以前SANTONIの提供した錶が持つのがすべてワニのサメ皮ので、今回は牛革を主なにすして、黒色はあまり出てこないで彼らの独特なの層だんだん染色するのを見ますが、でも内外のバイカラーの質感はやはり(それとも)とても良いです。